top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

錦鯉 ハリウッドザコシショウのひと言で今のスタイルに

アサ芸プラス

テリー ネタの作り方は、昔と比べて何が変わったの?

渡辺 最初の頃はボケたらツッコむみたいな、よくある形の漫才を、ちゃんと紙に書いてやってたんですけど、あんまりウケてなかったんですね。で、何年かして、同じ事務所のハリウッドザコシショウに「長谷川はバカなんだから台本なんか覚えさせても意味がない。もっとバカを前面に押し出していけ」みたいなことを言われたんですよ。

テリー 長谷川さんってバカなの?

長谷川 自覚はないんですけどね。自分ではそれが当たり前だと思って、今まで生きてきたわけですから。

テリー そりゃ、そうだ。で、どのへんがバカなの?

広告の後にも続きます

渡辺 もうすぐ50歳なのに初めて経験することが多くて、ほんとに何も知らないんですよ。去年までリゾットも知らなかったですし。

長谷川 食べたことないからしょうがないですよ。

渡辺 あとはネタ中に動きをやらせると、なんか古くて「若者の動きを取り入れていこう」って言ったら“前ならえ”をしたり。そんなの若者と関係ないじゃないですか、学校で覚えていくことで。ほんと、そういうことが多いんですよね。

テリー あぁ。でも、それって今やってるネタに近い感じだよね。つまり、長谷川さんのそういうところを前面に出す形に変えたら、少しずつウケるようになってきたということだ。

渡辺 はい。それは大きかったですね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル