top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『呪術廻戦』五条家・禪院家の御前試合の目的は、六眼の術師の暗殺!?

ホンシェルジュ

五条家と禪院家の御前試合は、羂索(けんじゃく)によって仕組まれていた……!?

現在から500年前、江戸時代の慶長に行われた五条家と禪院家の当主同士による御前試合。悲劇な結末を迎えてしまったとされているのですが、果たしてそこに参加していたのは、本当に両家の当主だったのでしょうか……

今回の記事では、500年前の五条家と禪院家による「御前試合」に隠された羂索(けんじゃく)の暗躍の可能性を徹底考察します!

五条家と禪院家の確執の原因は、500年前の御前試合にあった!

はいどーも、『呪術廻戦』考察YouTuber・ポチです!

今回の記事では、五条家と禪院家による御前試合羂索(けんじゃく)の暗躍の可能性について徹底考察していきます!

現在、非常に仲の悪い五条家と禪院家。

漫画117話で、その原因は過去の「御前試合」で起こった事件だということが明らかになりました。

今からおよそ500年前の江戸・慶長の時代に、当時の五条家当主と禪院家当主の間で御前試合が行われました。

広告の後にも続きます

御前試合とは将軍や大名の前でおこなう武術の試合なのですが、どうやらその試合で五条家当主と禪院家当主が相打ちで死亡してしまったと、五条悟は語っています。

その試合以来、五条家と禪院家の仲が険悪になってしまい、現在に至っているとのこと。

ちなみに当時の五条家当主は六眼持ちの無下限呪術使いであり、禪院家当主は伏黒恵と同じ十種影法術使いだったみたいなのですが、この事には何かしらの意味があるのでしょうか……?

 

ついに明かされた羂索の目的は、天元と人類の同化!

長い間その全てが謎に包まれていた、偽夏油こと「羂索(けんじゃく)」。漫画145話にて、その真の目的が明らかになりました。

彼の真の目的は、天元と人類の同化だったのです。

  • 1
  • 2

TOPICS