top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

無料の電子雑誌を創刊した男 創刊号に安倍首相を引っ張り出す

SmartFLASH

 

 紙から電子へ。5年前に始めた電子雑誌。技術革新に対応するため、試行錯誤の本作りが続く――。

 

 2013年、佐藤尊徳さん(50)が大学卒業後22年間勤めた株式会社経済界を辞めたのは、45歳のときだった。雑誌「経済界」の発行などで有名な会社である。

 

広告の後にも続きます

 秘書として長く仕えたのが、創業者であり「経済界」の主幹でもあった佐藤正忠氏(1928〜2013)。佐藤さんが退職したのは、経営者の人物像に鋭く迫ることで有名な佐藤氏が亡くなる2カ月前のことだ。

 

 

「仕える人は生涯、佐藤正忠さんだけと決めていたこともありましたが、当時の仕事は秘書から雑誌作りの現場を経て、常務取締役に就いた。でも僕は発信をしたいし、いろいろな人と会って意見を交わしていたかった。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル