top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

入れ子状態。ゴールデンレトリバーのお父さんの子育て風景

カラパイア

ゴールデンレトリバーのお父さんの子育て風景

 ご存じかもしれないが、ゴールデン・レトリバーは一度に7~10匹ほど出産する多産種だ。たくさんの子犬たちを一斉にお世話をするのは大変な仕事だが、母犬だけでなく、父犬も子育てに協力してくれることもある。

 自らの体を遊具代わりに、小犬たちのベビーシッターをかって出てくれたお父さん犬。からだをピットりくっつけたまま動かない子犬もいて、みんなお父さんが大好きなんだね。 

Golden Retriever Dad Babysits Puppies

 7匹以上入ると思われる子犬たち。お父さんはじっと座って自分の体を子犬たちに提供しまくっている。入れ子状態になったりして、一つの大きな巨大ゴールデンタワーの出来上がりだ。

4

 ちなみにゴールデン・レトリバーのお父さん、ただ甘やかすだけではない。愛情深く、根気強く子犬たちと遊んであげる一方で、やんちゃで落ち着くべき時を理解してない子に対しては躾を施す。

 子犬は、生後8週の間に親犬から様々な行動を学ぶ必要がある。ダメなことをダメと教えるのも親の役目だ。だいたいは母犬が吠えたり、うなったりしながらしつけるが、父親もその役目をすることがある。

 以下の動画は、遊ぶ時間が終わったのにまだ遊んで~と横たわる娘に対し、唸り声をあげて「もう遊びは終わりだよ」の合図を出す父犬の姿だ。
 
 ちょっと怖く思うかもしれないけれど、けじめを教えるのは大事なこと。決して噛んだりすることなく、歯を出し、唸り声で躾けている。

 愛情があるからこその叱り方なんだ。


Golden Retriever Dad Tells Daughter Playtime is Over

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル