top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

逮捕後初インタビュー公開の伊藤健太郎、賠償額だけではない浮き彫りになった危機的状況

リアルライブ

 昨年10月、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕されたが、3月に東京地検が不起訴処分を下した、俳優の伊藤健太郎のインタビューが、発売中の「週刊新潮」(新潮社)に掲載されている。

 同誌によると、取材は今月後半に都内某所で行われ、伊藤の所属事務所の関係者、事故を担当した弁護士も同席。伊藤は涙ながらに事件について初めて語ったという。

 事故を振り返った伊藤は、現場から逃げる気はなかったことを主張。それでも、逃走した結果逮捕されてしまったが、『肉体的な部分だけではなく、精神的な部分でも大きな苦痛を与えてしまっていることを、本当に申し訳なく思います』と被害者への思いを告白。

 釈放後、わずか15分ながら被害者に対面して謝罪できたというが、『警視庁湾岸署から釈放された時に言った「一生をかけて償っていきたい」という言葉に嘘はありません。誠心誠意向き合っていきたいと思います』と被害者への贖罪を誓った。

 ​>>谷原章介、大声で「頑張れっ!」伊藤健太郎への力強いエールが物議 「同業者忖度」の指摘も<<​​​

 逮捕されたものの、映画「トンカツDJアゲ太郎」、「十二単衣を着た悪魔」は伊藤の出演シーンをカットせずに公開。しかし、主演する東京・明治座の舞台「両国花錦闘士」は降板するなどしたため、気になったのがその損害賠償額。

 事務所関係者によると、損害賠償請求額はピーク時には7億9千万円にも上ったのだと。しかし、不起訴になったこともあり、請求額を減らす関係先もたくさんあったという。

 ほかにも事務所移籍の経緯、女性マネジャーとの確執、事件後の生活、俳優活動への思いなどを明かしているのだが…。

 「注目のインタビューにもかかわらず、ネット上のコメントはそれほど伸びず。もう、世間はすでに伊藤に対する興味を失っているのかもしれない。もしかしたら質問NGだったのかもしれないが、少なからず仕事に影響が出ている、交際が報じられていた女優の山本舞香との関係が気になるところ」(芸能記者)

 まだ時間はかかりそうだが、どういう形で、いつごろ俳優復帰となるかが注目される。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル