top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

モンベルに聞いた!災害時にも役立つテントの選び方

防災ニッポン

雨や風をしのぎ、泊まることもできるテント。キャンプなどのレジャーに限らず、災害時にも大活躍してくれます。自宅が倒壊して屋外に避難しなければならない時も、避難所などでプライバシーが気になる時も、テントがあれば大きな安心感につながるでしょう。この記事では、アウトドア用品メーカー「モンベル」(大阪市)の広報担当に、災害時にも役立つテントの選び方を教えてもらいました。(写真はすべてモンベル提供)

どういうふうに選んでいくか

―まず、テントをこれから購入しようと考えている人のために、基本的な選び方について聞きました。購入したら災害時だけでなく、キャンプなどアウトドアでも使うことを想定しています。

1.利用する人数を決める

モンベル広報(以下モンベル):まずは何人で使用するのかを決めましょう。家族4人の場合でも、4人で1つのテントで過ごすのか、あるいは2人ずつ2つのテントに分かれて過ごすのかなど、年齢や家族構成によって変わってくると思います。

「何人用」は目安に!

―災害時に使用することを想定した場合は、テントメーカーが示す「何人用」の表示を過信してはいけないそうです。

モンベル:何人用か書いてあるのは、多くの場合、「最大の収容人数」です。なので、「4人用」と書いてあるテントに大人が4人入ると窮屈だと感じることもあります。ゆったり過ごしたい場合、4人なら「6人用」を買うなど、少し余裕を持ったタイプのものを選ぶことをおすすめします。特に災害時には身の回りのものも入れることが想定されます。生活必需品や非常食なども一緒にテントの中で保管するのであれば余裕をもったサイズ選びをしておくと良いのではないでしょうか。

広告の後にも続きます

―居住性が良いテントとして以下(=写真)を紹介いただきました。


商品名:ムーンライトテント4
価格:76,780円(税込み)
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122764

2.運ぶ手段はクルマ?それとも電車?

モンベル:テントを運ぶ手段が車なのか、電車なのかをイメージしましょう。車の場合、その車の荷室容量に対し、どれぐらいを占めることになるのかなどを考える必要があります。キャンプではテントだけでなく多くの荷物が必要となるからです。電車での移動の場合はコンパクトで軽いものがいいでしょう。ただし、持ち運びしやすく軽いものはテントが小さく居住性が悪くなるため、バランスが大切です。

―軽量タイプのテントとして以下(=写真)を紹介いただきました。


商品名:クロノスドーム2(低山での使用に適している登山向けテント)
価格:25,080円(税込み)
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122491

3.使う場所をイメージ

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル