top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ファミマ、究極の食パンが激ウマ 最も究極にする調理法は焼くのではなく…

ニュースサイトしらべぇ

27日より「ファミリーマート」から「俺のベーカリー」監修の食パン『究極のしっとりもっちり食パン』が登場した。そのまま食べても十分に美味しいが、推奨される食べ方を試したら想像を超えて最高だった。


画像をもっと見る■触った時点で違いを感じる

今回登場した『究極のしっとりもっちり食パン』は2枚(178円)、4枚(340円)の2種類あり、いずれも一般的な一袋100円台の食パンと比べたら高級な値段設定となっている。

包装されている袋も紙のような材質で、開封前からテンションが上がる。開封するとふんわりと小麦の優しい香りが食欲を刺激してくる。取り出してみると厚切りなのだが、普段とは異なるふんわりもっちり感がありこの時点から「いつもと違う…」といった印象を抱く。


関連記事:ファミリーマート、これまでの約4倍という高価格「食パン」が売れ行き好調

■食感最高…!

早速トースト! といきたいところだが、せっかくなので通常の食パンも一緒に焼いて違いがあるか検証してみることに。

広告の後にも続きます

このファミマの『小麦香る食パン』は、記者が普段からお世話になっているのだが、香りの強さは『究極食パン』に軍配が上がる。また、カットしてみると、厚さは当然異なるが『究極食パン』の方が空気を含んでいるからかふっくらとしていることがわかる。

実際に食べてみると、『究極食パン』は外はさっくり、中はふわっもちっといった食感。甘味が強く感じられ、バターやマーガリンを付けなくても美味しく食べられそう。あまりにふわっもちっ食感のため、『小麦香る食パン』が少し固めといった印象を受けた。


■さらにウマさ倍増
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル