top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カンニング竹山、“高校の授業で出産映像”に持論

ナリナリドットコム

タレントのカンニング竹山(50歳)が、4月26日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。“授業で出産映像”に対する批判の声があることに悔しさをにじませた。

番組はこの日、兵庫にある県立高校の保健の授業で、男性教師が妻の出産映像を流したところ、女子生徒数名が体調不良を訴えたという話題をピックアップ。この報道にSNSでは「教師の配慮が足りなかったのでは」「綺麗ごとじゃないリアルを見せるのは大事」など賛否の声があがっていたが、番組では、かつて自身の出産映像を加工なしでテレビ放送したタレント・山本カヨをゲストに迎え、学校における命の授業について議論した。

番組MCの竹山は「授業で出産映像を流すことの何が悪いかがさっぱりわからない。我々はそうやって生まれてきたわけで目を背けてはいけない」と持論を展開。続けて「カヨさんの出産映像が放送されたとき、地元の友達の間でも話題になった。正直、最初は興味本位で見始めたが、映像を見て『命ってすごいな』と感じ、泣いてしまった。今、思い出しても泣くくらい。だから批判はすごく悔しい」と涙する一幕も。

また、レギュラーコメンテーターでお笑い芸人のパックンは「生徒に対して強制せずに選択させることが大事だと思う」と発言。これに対し竹山は「それがベスト」と理解を示した上で、「こういった映像を通して性教育をすることは大切。ただ、大事なのは気分が悪くなってしまった生徒に対し、教師が『ごめんね』で終わってはいけないと思う。無理に見せる必要はないが、その後にどういう意図で流したのか説明しないと。『気持ち悪くなる子がいるからダメ、これは見せないほうがいい』という議論ではないと思う」と話した。

これを聞いた山本も「映像を通して事実を知る中で、その時になぜ嫌な思いをしたのか?など本人が自分の中でどうクリアしていくのかが大事。また、教師も生徒とどういう会話をし、対処するべきか議論されるべきだと思う」と語った。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル