top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

荒牧慶彦、玉城裕規ら『FAKE MOTION –THE SUPER STAGE–』ゲネプロレポート──「卓球戦国時代」、真の天下を摑み取れ!

SPICE

 

本公演は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言に伴う政府及び東京都の要請を踏まえ、2021年4月25日(日)~5月2日(日)の全12公演は中止となっています。なお、5月2日(日)18:00からの千秋楽公演(無観客にて実施)は生中継と生配信されます。詳細は公式サイトをご確認ください。

 

2021年4月19日(月)品川プリンスホテル ステラボールにて開幕した“フェクステ”。その、開幕直前に行われた公開ゲネプロの模様をレポートする。

本作は2020年に新たな総合エンターテインメントプロジェクトとして始動した『FAKE MOTION –卓球の王将–』のステージバージョン。これまで描かれてきた世界観同様、全ての優劣が卓球の勝敗で決められる「卓球戦国時代」の只中で青春を燃やす男子高校生たちの魂の躍動の物語であり、テレビドラマ版では描ききれなかった“大阪統治”の裏側が語られていく。


広告の後にも続きます

『FAKE MOTION –THE SUPER STAGE–』 (C)汐留ヱビス商店街 (C)FAKE MOTION -THE SUPER STAGE-製作委員会



体育館を思わせるシンプルな舞台上を派手に彩るレーザー、印象的な映像、鳴り響く重低音、畳み掛けるラップと攻撃的なダンス──“新感覚ステージ”の呼び名にふさわしい弾けたステージングでオープニング直後から観客をグイグイと煽る演出は、『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stageを始め直接五感に働きかけてくるエンタメを生み出し続けるクリエイター・植木豪ならではのテイスト。「卓球戦国時代」というブッ飛んだ設定も、「考えるより感じろ」精神で即座にキャッチさせてくれる。また、卓球の試合をラップバトルやダンスバトルへと演劇的に変換、学校ごとに異なるカラーを押し出しつつスピーディーかつスリリングに展開する様子はまさにスポーツ観戦と同様の興奮! ピンポン玉の跳ねる音やラケットを振るモーションとエンタメ表現との親和性の高さにも大いに開眼させられた。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル