top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

星野源が初めてのお引越しに悪戦苦闘する「引っ越し大名!」(2019)

エンタメウィーク(映画)

星野源が初めてのお引越しに悪戦苦闘する「引っ越し大名!」(2019)

解説

「超高速!参勤交代」シリーズを手がけた土橋章宏の時代小説「引っ越し大名三千里」を、星野源主演、高橋一生、高畑充希の共演、「のぼうの城」の犬童一心監督のメガホンで映画化。姫路藩書庫番の片桐春之介は人と接するのが苦手で、いつも書庫にこもり書物にあたっていた。幕府から豊後(大分県)の日田への国替を言い渡された藩主の松平直矩は、度重なる国替からの借金と、これまでにない遠方への引越し、さらに減棒と、国の存亡が危うくなるほどのピンチに頭をかかえていた。この国難を乗り切れるかは、国替えを仕切る引っ越し奉行の腕にかかっていたが、前任者は激務が原因ですでに亡くなり、国替のノウハウも失われていた。そんな中で、書物好きなら博識だろうという理由から、春之介が引っ越し奉行に任命されてしまう。星野が春之介役を演じ、春之介の幼なじみで武芸の達人である鷹村源右衛門役を高橋、前任の引っ越し奉行の娘・於蘭役を高畑が演じる。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★☆☆

江戸時代を描いた史実系映画で、特に『超高速!参勤交代』など参勤交代はテーマに何度か挙げられているイメージがあったのですが、本作は国替えをテーマにしたもの。参勤交代は出張で、国替えは完全にお引っ越し、つまり後者の方が圧倒的に労力もお金もかかって大変なことです。

しかし、今のご時世のような引っ越しセンター的なトラックもない当時、引っ越し奉行がこれの総指揮を担当していたんですね。何度も引っ越しをすると、引っ越し奉行の負担も、全体のコストも馬鹿になりませんが幕府に命じられればやるしかない。そんな折に、本作では星野源演じる主人公が不在だった引っ越し奉行に任命され、初めてのお引っ越しに奮闘する物語です。

彼の幼馴染役の源右衛門を演じる高橋一生がとにかく武術に長けていて、かっこいい!藩全体の引っ越しなんて、移動中に誰に襲われてもおかしくない。クライマックスでも奇襲を受けるシーンがありますが、この時の全体の連携プレーというかチーム感がめちゃくちゃ上がる!脇を固めるキャストも、及川光博に松重豊、濱田岳、高畑充希と豪華すぎます。というか出演者全員豪華!歴史に興味がなくても話がわかりやすくて観やすい作品です。


「引っ越し大名!」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル