top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

麻生久美子と大泉洋が一風変わった家族の姿を描く「グッモーエビアン!」(2012)

エンタメウィーク(映画)

麻生久美子と大泉洋が一風変わった家族の姿を描く「グッモーエビアン!」(2012)

解説

吉川トリコの人気小説を大泉洋&麻生久美子の主演で映画化。未婚の母アキと中学生の娘ハツキ、アキが所属していたパンクバンドのメンバーだったヤグが織り成す、一風変わった家族の姿を描く。若い頃はパンクバンドのギタリストで、17歳の時にハツキを産んだアキと、しっかり者の娘ハツキ。性格こそ対照的だが親友のように仲良しな親子関係を築いていた2人のもとに、ある日、海外放浪の旅をしていた自由人ヤグが2年ぶりに戻ってくる。アキは昔からヤグのことが好きで、ヤグも自分の子どもではないハツキが生まれる前から、アキと暮らしていた。久々の3人の生活が始まったが、思春期のハツキはなぜかその状況にいらだってしまい……。物語の視点となるハツキ役は、「Seventeen」モデルや女優として活躍する三吉彩花。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★☆☆

映画化の前に元オセロの中島主演で単発スペシャルドラマ化されていた本作。栄華の主演は麻生久美子とチームナックスでもお馴染みの大泉洋。さらに、麻生久美子演じるアキの娘役が三吉彩花、彼女の親友役を能年玲奈(のん)が演じていて、地味にめちゃくちゃ俳優が豪華な映画です。

主題歌もONE OK ROCKという豪華さ!中学3年生を演じていた三好の当時の年齢が16歳なのに既に大人っぽくて、逆におぼこさ満点(『あまちゃん』ヒロイン抜擢の一年前)の能年玲奈が本作の時点で既に19歳だったのが驚き。テンポもよく、大泉洋がひたすらファニーな役柄なのでたまに普通に面白くって笑ってしまったり。だけど、実はすごく情熱的な“普段ダメだけどやるときはやる”系の男で、まさに大泉にぴったりの役柄だなと思いました。

なにより、本作の麻生久美子の可愛さが半端ない!役柄もスッキリはっきりしたシングルマザーで、かなりロックな印象が素敵ですが、こんな美人な母娘普通にいたら最強だなと思います。途中、フリーマーケットで出てくる土屋アンナと三好の会話の雰囲気がメチャクチャ良いです。ああいう、台詞回しが全体に散りばめられている点も本作の大きな魅力です。


「グッモーエビアン!」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル