top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

堤真一が家族の秘密に迫るサスペンスドラマ「望み」(2020)

エンタメウィーク(映画)

堤真一が家族の秘密に迫るサスペンスドラマ「望み」(2020)

解説

堤幸彦監督と堤真一が初タッグを組み、雫井脩介の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。一級建築士の石川一登と校正者の妻・貴代美は、高校生の息子・規士や中学生の娘・雅とともに、スタイリッシュな高級邸宅で平和に暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来、遊び仲間が増え無断外泊することが多くなっていた。ある日、規士が家を出たきり帰ってこなくなり、連絡すら途絶えてしまう。やがて、規士の同級生が殺害されたニュースが流れる。警察によると、規士が事件に関与している可能性が高いという。行方不明となっているのは3人で、そのうち犯人と見られる逃走中の少年は2人。規士が犯人なのか被害者なのかわからない中、犯人であっても息子に生きていてほしい貴代美と、被害者であっても彼の無実を信じたい一登だったが……。貴代美役に「マチネの終わりに」の石田ゆり子。「八日目の蝉」の奥寺佐渡子が脚本を手がけた。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

ある日、息子が帰って来なくなった日に息子の友人が遺体で見つかる事件が発生する。しかも、息子はあろうことか行方不明になってしまった。

雫井脩介の同名ベストセラーを『ファーストラヴ』や『人魚の眠る家』などで知られる堤幸彦監督が映画化した本作。社会派のサスペンスを得意とする彼と、『八日目の蝉』の奥寺佐渡子が脚本でタッグを組んだことで、より一層そのジャンルの中で力強い作品になったという印象です。

今、自分の子供が普段何をしているのか、どんな友達とつるんでいるのかわからない。そういった現代の親と子の距離感や、個人情報保護の目的で廃止された連絡網の存在と学校のあり方の変化など、さまざまな社会問題に触れている意欲作です。一家の父親役を堤真一が、母を石田ゆり子が、そして行方不明になった息子を『中学聖日記』でブレイクした岡田健史が演じています。

家族も何が起きたのかわからないなか、日に日に家の前にマスコミが増え、後ろ指をさされるようになっていく様子が怖いし、兄が生きていても死んでいても、どっちも家族にとって地獄である事実が辛い。妹が、兄のせいで迷惑だという感情を吐露するシーンに、改めて現代の家族のあり方についても考えさせられました。


「望み」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル