top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

多部未華子がクラスメイトと24時間歩き続ける「夜のピクニック」(2006)

エンタメウィーク(映画)

多部未華子がクラスメイトと24時間歩き続ける「夜のピクニック」(2006)

解説

第2回本屋大賞に輝いた恩田陸の同名ベストセラーを「ココニイルコト」「ソウル」の長澤雅彦監督が映画化。24時間、夜通しで80kmを歩き続ける高校の伝統行事“歩行祭”に参加した生徒たちの心の成長と恋愛をストレートに描く青春群像劇。主演は宮部みゆき原作の「理由」に出演した多部未華子。共演に嶋田久作、田山涼成、南果歩ら。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★☆

恩田陸の同名小説を映画化したもの。丸一日、24時間をかけて全校生徒が歩く歩行祭を舞台に、多部未華子演じる主人公を中心に、クラスメイトや様々な生徒のそれぞれの視点で描かれる青春映画。

この歩行祭は、原作者・恩田陸の母校、茨城県立水戸第一高校の名物行事がモデルになっているようです。中学生ぐらいの時、本を読んでとても憧れた記憶があります。夜、普通子供が子供たちだけで出歩いてはいけないと言われる時間帯に、クラス全員でただ駄弁りながら歩く。普段の教室や放課後では話せないようなことも話せたりする。修学旅行と違ってコミュニケーションが中心の行事なので、生徒同士の会話や関わり合いがやはり魅力的な作品です。

結構原作に忠実な印象があり、お調子者の貫地谷しほり演じる後藤梨香の妄想が「ああ、わかる、こういう想像する」って良い具合に映像化されていて面白い。キャスティングは恩田陸がアイドルっぽくない人を起用してほしい、という要望の元で行われたようで、それがよりリアルな高校生らしさ、学生らしさを醸し出させています。主演の多部未華子に限らず、他にも池松宗介や加藤ローサ、柄本佑と豪華俳優の若き頃が観れるので必見です。


「夜のピクニック」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル