top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阪神・近本光司 低調スタートも、そろそろ目覚めるころ/春の誤算 喜怒哀楽

週刊ベースボールONLINE


首位を走る阪神でこの男の打撃が本調子になれば、さらに強力な打線になることは間違いない

 優勝争いに近本光司のパフォーマンスは欠かせない。矢野監督の足を絡めた攻撃パターンはこの男の出塁率アップによって拍車がかかるからだ。

 矢野監督も「うちのキーはチカ(近本)が塁に出ること」と力説。開幕から糸原が好調なだけに、一、二番コンビが機能すれば得点力も上がっていく。

 3年目シーズンは開幕から苦戦している。ペナントレースが一巡した際の成績は15試合で打率.190と低調。チャンスに代打を出される場面もあった。

 オープン戦は打率.324をマークし「キャンプで取り組んできたことが合っていたかどうかをシーズンで知りたい」と語っていただけに悔しさもなおさらだろう。

「より多くヒットを打って、先の塁に進んでとチームのためにより多く自分の仕事をしたい」と言い続けてきたからには本来の姿を取り戻したい。

 もっとも、スロースターターぶりは昨季も同様だった。1年前も開幕月の6月度は.128と不振だったが、リズムができ出した夏場の7月以降は打ちまくった。

 そのバイオリズムでいけば、そろそろ上昇が見込まれるタイミングかもしれない。相手バッテリーからの厳しい攻めにも対抗したいところだ。

 新選手会長として「自分のことだけを考えるだけの年でもない」と言う。エンジンをかけてチームをけん引し、Vムードを作りたい。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル