top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

バルセロナ最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング1~5位。世界中から集まった猛者たち、メッシに続くのは…

フットボールチャンネル

バルセロナ最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング1~5位。世界中から集まった猛者たち、メッシに続くのは…

5位:大きいのに巧い! 剛柔併せ持つオランダ代表CF

長い歴史を持つバルセロナというクラブは、これまで多くの傑出したストライカーを輩出してきた。そこで、今回は21世紀に在籍した選手を対象とした得点ランキングを紹介する。※00/01シーズン以降に在籍した選手が対象、20/21シーズンは成績に含めず、データは『transfermarkt』を参照
——————————————–
FW:パトリック・クライファート(元オランダ代表)
在籍期間:1998年夏~2004年夏
クラブ通算成績:257試合122得点
代表通算成績:79試合40得点

 オランダ・アムステルダム出身のパトリック・クライファートは恵まれた体格とセンスを併せ持つストライカーだった。アヤックスのアカデミー出身で、18歳でデビューしたシーズンに公式戦21得点をマークし、いきなりUEFAチャンピオンズリーグ制覇を経験する。97年夏にはACミランに移籍するが、わずか1年でバルセロナへと移籍している。

 アヤックスで培った足元のテクニックは華麗で、吸い付くようなトラップや正確なアシストでも魅了した。188cmという大柄な体格をしなやかに動かし、DFラインの裏を取るタイミングも抜群。簡単なシュートを外すこともあったが、GKの意表を突くような難しいシュートはよく決めていた。

 バルセロナではルイス・フィーゴとリバウドと強力な3トップを形成した。ルイ・ファン・ハール監督の下で1年目からラ・リーガ優勝に貢献。フィーゴが去った後はハビエル・サビオラとも前線でいい関係を築いた。

 オランダ代表歴代3位の40得点を挙げ、2000年のEURO(欧州選手権)で得点王に輝いた。6年間プレーしたバルセロナではリーグ戦15得点を5度も記録し、この時代のエースとして活躍した。しかし、タイトルを獲得したのは加入したシーズンのラ・リーガのみで、クライファートの在籍期間はバルセロナの停滞期と重なっていた。04/05シーズン以降はニューカッスル、バレンシア、PSV、リールと渡り歩き、31歳という若さでユニフォームを脱いでいる。

<h2>4位:華麗なテクニックと豪快なキック、ブラジルが生んだ“左足の魔術師”

FW:リバウド(元ブラジル代表)
在籍期間:1997年夏~2002年夏
クラブ通算成績:235試合129得点
代表通算成績:67試合30得点

広告の後にも続きます

「左足の魔術師」と呼ばれたリバウドが育ったのはブラジルのレシフェ。日本代表が2014年のブラジルワールドカップでコートジボワール代表と対戦した都市である。貧しい家庭で育ったリバウドは地元クラブで頭角を現し、コリンチャンスやパルメイラスといった名門へと引き抜かれていった。1996年、24歳のときにスペインに渡り、その1年後にはバルセロナへ移籍している。バルセロナには加入したのは、ちょうどロナウドが退団するタイミングだった。

 華麗なテクニックで相手を翻弄し、左足のキックで人々を魅了した。強烈なシュートやFKを決めたかと思えば、アクロバティックなオーバーヘッドや打点の高いヘディングでもゴールを脅かした。本意ではない左ウイングでのプレーを強いられたが、パトリック・クライファートと並ぶストライカーとして活躍。宿敵レアル・マドリードに移籍したルイス・フィーゴが着けていた背番号10を2000年夏に受け継ぎ、バルセロナでは5年間で129得点をマークしている。

 得点王に輝いた1999年のコパ・アメリカ(南米選手権)ではブラジル代表を優勝に導き、その年のバロンドールとFIFA年間最優秀選手賞を受賞。2002年のFIFAワールドカップではロナウドやロナウジーニョとともにブラジル代表を優勝へと牽引。その直後のシーズンにファン・ハール監督がバルセロナの監督に復帰したことで退団を決める。その後はACミラン、オリンピアコス、サンパウロなどでプレーし、41歳までプレーを続けた。

<h2>3位:驚異のスピード! 最も多くのゴールを決めたアフリカ人

FW:サミュエル・エトー(元カメルーン代表)
在籍期間:2004年夏~09年夏
クラブ通算成績:199試合130得点
代表通算成績:97試合49得点

 15歳のときに母国を離れ、レアル・マドリードのカンテラ(下部組織)に加入した。期限付き移籍したマジョルカで活躍して完全移籍となると、23歳のときにバルセロナへと加入した。1年前に加わったロナウジーニョ、同期加入のデコらとともに、エトーはチームを変えた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル