top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

レアル・マドリードはチェルシーに救われた。ドローという結果を生んだ、たった一つの「差」とは?【欧州CL分析コラム】

フットボールチャンネル

レアル・マドリードはチェルシーに救われた。ドローという結果を生んだ、たった一つの「差」とは?【欧州CL分析コラム】

チェルシーの勢いに飲み込まれた前半

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝1stレグ、レアル・マドリード対チェルシーが現地時間27日に行われ、1-1のドローに終わっている。立ち上がりからチェルシーに押し込まれたマドリーは、14分に失点。その後も何度か決定機を作られた。しかし、最終的にはドロー決着。そこにあったわずかな差とは?(文:小澤祐作)

——————————

 レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督は試合後に「良くなかったのは確かだ」と話した。ただそれは、90分間全体についてではない。前半45分間についてである。

 3-5-2でこの試合に挑んだマドリーは、立ち上がりからチェルシーの勢いに飲み込まれ、自分たちの形を見失っていた。相手の鋭いプレスを前に落ち着きはなく、ボールを奪っても一瞬にして奪い返される。トニ・クロースが組み立てのために最終ラインに落ち、左ウイングバックのマルセロがハーフスペースを狙うなど攻撃時の工夫もみせていたが、堅守チェルシーには通用しなかった。

 ただ、攻撃よりも問題だったのは守備だ。攻撃時3-4-2-1になるチェルシーに対しマドリーは基本5-4-1のような形で守ったが、チェルシー側の選手を捕まえることがまったくできず、随所でフリーとなる状況を与えてしまっていた。

広告の後にも続きます

 とくに目立ったのが、ハーフスペースを狙うチェルシー側のインサイドハーフとシャドーをフリーとしてしまうこと。一度大外のエリアを使われて守備陣が広げられ、そこから中に折り返され、直前に広げられていたスペースを使用されるというケースが非常に多かった。エンゴロ・カンテやメイソン・マウントの存在感が光っていたのは、そういったことが要因だ。

 上記した通りハーフスペースに位置する相手のインサイドハーフ、そしてシャドーの2枚を誰がチェックするのか曖昧となったマドリーは、チェルシーに深い位置への侵入を許し14分に失点。その後も何度か決定機を作られている。結果的に1失点で済んだが、早い時間からチェルシーにより余裕を与えてしまっても決して不思議ではない展開だった。

エースの一撃でリズムに変化

 しかし、サッカーとは一つの出来事で流れが大きく変わる。この日のマドリーがまさにそれを証明した。

 29分、マドリーはコーナーキックからカリム・ベンゼマがゴールネットを揺らしている。GKエドゥアール・メンディが反応できない、芸術的なボレーシュートだった。

 この1点は予想以上に大きかった。ここからマドリーが劇的に良くなったわけではなかったが、立ち上がりにはなかった落ち着きを取り戻している。チェルシーの選手をしっかりと捕まえられるようになり、簡単にスペースを与えることもなくなっていた。

 後半も冷静さを保ち、相手がリスクを冒さなくなった点もあったが、チェルシーに長い時間ペースを与えることはなかった。追加点こそ奪えなかったが、ドタバタした立ち上がりからしっかりと修正してドローに持ち込んだのは、マドリーにとってポジティブな要素だったと言えるかもしれない。

ドローを生んだわずかな差

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル