top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

サバ×ショコラのマリアージュ!? 辻口博啓シェフ渾身の謎スイーツを食べてみた

ガジェット通信

巨大なサバ缶(!)をモチーフにしたギフトが編集部に届きました。

パッケージにはサバの絵柄……だけど、開けてみたら中身はお茶とチョコレート!? サバなの? スイーツなの? いったいどういうことなの!?

広告の後にも続きます

こちらはヘルシアと世界的パティシエ・辻口博啓シェフとのコラボ企画「禁断のAfternoonTea」プロジェクトにて、辻口シェフがサバを使って開発に挑戦したスイーツ。その名も「Ça va Chocolat(サヴァショコラ)」

食事の“うまみ”を引き出す『ヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て』が焼きサバと相性98.1%と味覚AIにより判定されたことから、辻口シェフに無茶ぶりして同プロジェクトが発足。

当初は「ガナッシュにサバを合わせたときのあまりにも合わなさに驚き、とても無理だなって感じてもう止めようかなと思いました」と困惑した辻口シェフでしたが、「自信を持って胸を張って商品化できるぐらいクオリティの高い、誰が食べても納得できるショコラに仕立てることができた」とプライドをかけた一品に仕上がったとのこと。

実際に食べてみると、ほどよい塩味を感じるサクサクのクッキーに、甘いミルクチョコレートがコーティングされた上品な味わい。独特のうまみやコクがありますが、臭みはなく、サバが入っていると言われなければまったく気付かないレベルでスイーツとして一体化しています。生姜の香りがアクセントになっており、これがサバ特有の臭みを抑える効果を発揮しているのかもしれません。

『ヘルシア緑茶うまみ贅沢仕立て』が焼きサバと相性98.1%なら焼きサバ食べてればイイじゃん、という凡人の発想からは決して誕生しなかったこの新スイーツ。辻口シェフはもちろん、天才かそれと紙一重の狂人と言える考案者に感謝です!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル