top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京03角田演じる鹿太郎、松たか子“とわ子”への愛ある助言にキュン「格好良すぎ」

テレビドガッチ


松たか子が主演を務めるドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の第3話が、4月27日に放送。インターネット上では、佐藤鹿太郎を演じる角田晃広(東京03)の台詞について称賛の声が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、『カルテット』『最高の離婚』など数々の連続ドラマを手がける脚本家・坂元裕二の完全オリジナル作品。3回結婚して3回離婚したバツ3・子持ち社長の大豆田とわ子(松)が、三人の元夫たちに振りまわされながら日々奮闘するロマンティックコメディ。とわ子の一番目の元夫・田中八作を松田龍平、二番目の元夫・佐藤鹿太郎を角田、三番目の元夫・中村慎森を岡田将生が演じる。

ある日の居酒屋。鹿太郎は仕事仲間と楽しく飲んでいたものの、間違って自分のビニール傘を持って帰ろうとする仲間を問い詰める。彼は周囲から「器が小さい」と噂されていた。

そんな中、アシスタントが事務所に飾ってある作品について触れた。とわ子が被写体となった写真だ。未練があって飾っているのではなく、最高傑作だという。二人の出会いはダンス教室だった。当時、スキャンダル専門のカメラマンだった鹿太郎は、野球選手の不倫相手が教室に通っているということで潜入見学していた。そこにとわ子がいた。一目惚れした鹿太郎は、自らも通うように。ファッション系のカメラマンをしていると言ったり、“男”を見せると引かれると思い“馬しか愛せない男”と言ったりと嘘をつきまくった。

その後教室で心を通わせていく二人。「ご一緒にいかがですか?」とペアでダンスすることや、大会に出ることを誘ってくれるとわ子に、鹿太郎はどんどん惹かれていく。

鹿太郎は、彼女へついた嘘に罪悪感を感じて、本当にファッションカメラマンの道へ。さらに、プロポーズまで。お姫様抱っこをしつつ「あなたを上に引き上げることはできないけど、下から支えることならできます」とポツリ。「重いでしょ?」という彼女に、かぶりをふり「花束を抱えているようです」と返した。そんな二人の離婚理由は……。

アシスタントにそんな話をしている頃、とわ子は仕事で部下と微妙な関係となっていた。それを知った鹿太郎は、彼女の会社に花束を持って訪れる。誰もいない社内。何か悩んでいそうだが、多くを語らないとわ子に、鹿太郎は「器を小さくすればいいんだよ。誰だって苦しい時はあるよ。そういうときは我慢することない。一人で乗り越えることなんてないんだよ。泣き言言っていこうよ。器が小さかろうとなんだろうとさ、愚痴くらいこぼさなきゃやってらんないでしょ」と語りかける。そして、鹿太郎は彼女の手を取り「ご一緒にいかがですか?」とダンスに誘う。

ネット上では、鹿太郎の言葉や演じる角田が話題に。「芸人ではなくて俳優にしか見えない」「実はかなり結構キュンときたのは秘密」「角田さんちょっと格好良すぎ」「名言プレイリストに追加」との声があった。

次回第4話は5月4日に放送。とわ子は、友人の綿来かごめ(市川実日子)の秘密を知ってしまう。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル