top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

米国の大手取引所「コインベース」が上場! 時価総額8兆円、役員報酬は60億円のスゴさ!

J-CAST会社ウォッチ

アメリカの仮想通貨取引所大手の「コインベース」が2021年4月21日、上場しました。

大型上場とあって、仮想通貨投資家だけでなく、世界中の株式投資家からの注目も集めました。そして、ビットコインも当日には史上最高値を更新しています。

仮想通貨市場だけでなく、株式市場も大注目だったコインベース。そのスゴさがわかる数字や、今後の動向を解説します。

時価総額は8兆円! 三菱UFJFGと大差ない

コインベースの上場時に話題になったのが、時価総額です。仮想通貨ブーム真っ只中ということもあり、10兆円を超えるのではないかという期待もありました。

10兆円ともなると、日本の上場企業では5社程度しかなく、NTTと同じ規模になります。


出所:coinbaseHP

広告の後にも続きます

アメリカでも上場企業の110位前後に位置することとなり、武器製造大手のロッキード・マーチンやウーバー・テクノロジーズと同じ規模となります。

さて、4月14日に上場したコインベースの時価総額は約8兆2700億円でした。事前の期待よりも低くなってしまいましたが、それでもリクルートや任天堂と同じ規模となります。

何より驚きなのが、国内金融大手の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG。時価総額およそ8兆円)と大差ないことです。それほどまでに、仮想通貨取引所が投資家から期待されているのです。

1年間で売り上げが9倍に!

コインベースの売上高などを見てみましょう。2021年1~3月の売上高は約1980億円。20年同期はおよそ200億円程度でしたので、1年間で約9倍も伸びたことになります。

20年10~12月期の売上高は630億円程度ですから、今年に入ってからの仮想通貨ブームがとてもインパクトが大きかったことがわかります。

また、2020年の利益は3億2200万ドル(約355億円)となっていますが、今期は800億円を超す利益を叩き出すこととなるようです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル