top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「実物」じゃなくてよかった… 道民が震え上がる「コロナ対策ポスター」がこちらです

Jタウンネット

新型コロナウイルス感染拡大は一向に収束しないまま、2021年4月25日、東京・京都・大阪・兵庫の4地域に、新たに緊急事態宣言が発令された。

マスクや手洗い、アルコール消毒などと共に、ソーシャルディスタンスの徹底が呼びかけられている。とはいえ、2メートルのソーシャルディスタンスといっても、いったいどのくらい離れていればいいのか? 読者はすぐに答えられるだろうか。

2021年4月25日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

どうやら横長のポスターのようだ。画面いっぱいにヒグマの写真がデザインされている。右手に、「ヒグマの体長約2メートル」というキャッチコピーがある。左には、「実物大で2mを実感しよう」という文章も見える。

広告の後にも続きます

えせ(@ese_nd)さんが投稿したこのツイートには、4万4000件を超える「いいね」が付けられ、今も拡散中だ(4月27日昼現在)。

ツイッターには、こんな声が寄せられている。

「2メートルなら まだちいさいほうだな そう感じてしまう」
「体長2メートルだけど、立つと3メートル近くになる」
「実物大でよかった、、実物じゃなくて」

いったいこれは、どんなポスターなのだろう?

Jタウンネット記者は、投稿者・えせさんと、このポスターを企画制作した「札幌駅前通まちづくり株式会社」に取材した。

「クマには100メートルくらいソーシャルディスタンスを取りたいですね」

投稿者・えせさんによると、ツイートした写真は、札幌市内の札幌駅通前地下歩行空間を通行中に発見し、撮影したという。4月25日のお昼頃だった。「広告の存在はその瞬間まで知らず、発見したのはまったくの偶然でした」と語る。

「一目でソーシャルディスタンスの距離感がつかめるわかりやすさと、ヒグマの怖さや存在感のインパクトを兼ね備えていて、北海道の地域色も出ている良い表現だと感じました」(えせさん)

えせさんは実際にヒグマに遭遇した経験もあるようで、本物のヒグマについては、「道東方面を車で走っているとまれに遭遇するのですが、かなり大きいので驚きます。クマには100メートルくらいソーシャルディスタンスを取りたいですね」とつぶやいている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル