top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

チョコプラ「悪い顔選手権」の「パクリ疑惑」否定 「元祖」メディアはどう受け止める?見解を聞いた

J-CASTニュース

お笑いコンビ・チョコレートプラネット(松尾駿さん、長田庄平さん、以下「チョコプラ」)の人気YouTube動画「悪い顔選手権」に「パクリ疑惑」が浮上している。カメラの前に現れた人物の罪状を想像するという企画だが、動画が投稿される3年以上前に、ウェブメディア「オモコロ」が同様の企画を記事化していた。

長田さんは2021年4月19日、YouTubeに投稿した動画の中で「パクリではない」と主張したが、オモコロ側はどう受け止めているのか。J-CASTニュースが同編集部に取材を申し込み、見解を聞いた。

酷似していた「容疑者フェイス選手権」

「悪い顔選手権」は、怪しい見た目や「悪い顔」でカメラの前に現れた人物の映像を見て、スタジオの出演者がその「罪状」を想像するというもの。動画は20年11月16日に公開され、21年4月20日現在までに680万回を超える再生回数を記録している。

はじめはチョコプラやお笑いコンビ・インポッシブル(えいじさん、ひるちゃんさん)が「容疑者役」として出演していたが、ことし3月の動画ではフリーアナウンサーの古舘伊知郎さんや男性アイドルグループ・純烈が参加。テレビ番組でも動画の内容が取り上げられるなど、その存在が広く認知されるようになっていた。

しかし、動画の人気と並行して、ネット上では「ある疑惑」も浮上するように。ウェブメディア「オモコロ」が17年6月に配信した記事「容疑者フェイス選手権」と、内容が酷似している、というものだ。記事は同メディアのライターたちが「犯罪者風」の格好に扮し、どんな罪を犯したのかをニュースの報道仕立てに演出。もっとも「捕まっていそう」なライターを選ぶ、という企画だった。

広告の後にも続きます

ツイッター上では、ことし1月頃から「悪い顔選手権」と「容疑者フェイス選手権」の類似性を指摘する声が聞かれるように。中にはオモコロの方を「元祖」、チョコプラの方を「パクリ」だと表現する人もいた。

「これ本当に信じてもらいたんですけど、パクってないですよ」

そうした中、チョコプラは21年4月19日に自身のYouTubeチャンネルで「悪い顔選手権 動画パクリ疑惑について」と題した動画を投稿。内容は情報番組「バイキング」(フジテレビ系)をもじったとみられる「ベーキング」のスタジオで、松尾さん扮する司会の坂上忍さんが、コメンテーターの長田さんと横澤夏子さんに「疑惑」について話を聞くというものだ。

動画によれば、「悪い顔選手権」の発案者は長田さんだ。松尾さんから疑惑について問われると「これ本当に信じてもらいたんですけど、パクってないですよ」と否定。無意識の中でネタを取り入れたことも「全くない」とした。

動画を投稿する際は「ネタかぶり」を防ぐため、YouTubeで同様の企画がないか検索しているという長田さんだが、今回の「悪い顔選手権」は「(検索欄に)入れてなにも出てこなかった」ため、公開したと振り返る。しかし、その後の「パクリ」指摘を受け、「容疑者フェイス選手権」の記事を発見。「うわーこれちょっと被っちゃったな」と思ったという。

長田さんは「タイトルを見れば、確かにパクリって言われてもしょうがない」としつつ、「悪い顔選手権」と「容疑者フェイス選手権」の「違い」を次のように訴えた。

「僕らの悪い顔選手権というのは、普通のなんでもない一般の人が、捕まってああいう撮られ方をすると、めちゃくちゃ悪く見えるよねって。ひょっとしたら、僕らもやってみたら悪い顔になるんじゃないか、っていうコンセプトでやってみたんですね」
「(容疑者フェイス選手権は)このスタッフの方々がすごい悪い顔だと言われる、容疑者顔だと言われるので、じゃあ誰が容疑者顔の一番か決めようっていうコンセプトなんですよ。だから似て非なるものなのかなって」

それでも長田さんは「紛らわしい企画で世間をざわつかせてしまったことは申し訳ないなと思います。申し訳ございませんでした。ただ、そういうつもりはなかったです。パクリっていうのはないです」とお詫びした。

オモコロ運営社の「立場」は…

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル