top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ある日本の絵描き少年』川尻将由監督が『百円の恋』のプロデューサーと組んで、初商業作となる長編デビュー作『CHERRY AND VIRGIN』世界に向けて製作開始!

cinefil

この度、短編デビューアニメーション映画『ある日本の絵描き少年』(18)で第40回ぴあフィルムフェスティバル準グランプリ、第23回 文化庁メディア芸術祭/アニメーション部門 優秀賞、第74回毎日映画コンクール大藤信郎賞など多数の映画祭で賞に輝き注目を集める川尻将由監督の商業デビューとなる初長編作『CHERRY AND VIRGIN』の製作が開始され、2022年に全国公開されることが決定しました。

文化庁支援に際して特別に作られたイメージポスター

製作初期段階のイメージボード↑

本作で川尻監督が挑むのは、普遍的なラブストーリー。 女性に免疫が無いエロ漫画家の遼(32 歳)と、腐女子で現実の男性に良い印象を持たない亜美(28 歳)という、互いにリアルな男女関係が苦手な二人があるきっかけを通して偶然出会い、とまどいながらも他者と交わって生きることの“苦しさ”と“愛おしさ”を知っていくさまが、現代のサブカルチャーを通して描かれる。
前作『ある日本の絵描き少年』(18)と同様に実写映像素材をベースにしてアニメーションを制作する“ロトスコープ”と呼ばれる手法によって制作、アニメーションをベースにしながらも、実写、漫画の要素を取り入れた川尻の独創的な従来のアニメーションの枠を超えた映像表現は、邦画界に旋風を起こすこと必至です!

第74回毎日映画コンクール大藤信郎賞、
第23回 文化庁メディア芸術祭/アニメーション部門 優秀賞、
第40回 ぴあフィルムフェスティバル「PFFアワード2018」/ 準グランプリ、ジェムストーン賞など多数の賞を受賞
デビュー短編「ある日本の絵描き少年」本編

広告の後にも続きます

川尻監督とともに本作の企画を立ち上げたのは、第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、最優秀脚本賞など国内外で数多くの賞を受賞した安藤サクラ主演『百円の恋』(14)や、昨年の東京国際映画祭のオープニング作品としても話題を呼んだ森山未來主演『アンダードッグ』(20)なども手がける気鋭のプロデューサー佐藤現。
「3年前に川尻監督の前作『ある日本の絵描き少年』を観て魂が震え、その瞬間から“川尻将由”という才能を世界に送り出すことが、僕のプロデューサーとしての目標となりました。日本映画に新たな潮流が生まれる瞬間を見届けてください。」
初めての劇場アニメーション作品のプロデュースに向けて決意を語る。

川尻監督は「アメリカのコミックには、所謂”アメコミ”と呼ばれるヒーローものを主体にしたジャンルと、 『ゴーストワールド』や『アメリカン・スプレンダー』など人間ドラマを主軸にした成人向けのジャンル、”オルタナティブ・コミック”と呼ばれる、主流とは逸脱した作家性の強い作品群が存在します。(ガロ系といった方が話は早いかもしれません……)この企画『CHERRY AND VIRGIN』もまた決して日本のアニメの主流と呼べるものではありません。

主人公たちは可能性を秘めたキラキラしている 10代の男女ではなく、疲れたアラサーであり、遅れてきた⻘春をつかもうとする姿は痛々しく滑稽で、同情と批判のいりまじる少し居心地の悪いドラマが続く作品です。 しかしその物語に内在する『男女の性差』『夢と現実』『自己実現と自己探求』といったテーマを語るための 映像表現は、とても新鮮で豊かなものになっております。”キャラクター商売”でもなく ”セルルック”のアニメ でもなく、日本のアニメマナーから今最も逸脱した商業作品だと自負しています。ご興味ある方は、この日本で数少ない”オルタナティブ・アニメ”が完成するよう、是非ご助力お願い申し上げます」と、本作完成に向けての意気込みを語った。

川尻将由監督

監督:川尻将由(かわじり・まさなお)
1987 年生まれ、鹿児島県出身。大阪芸術大学在学中、原 恵一監督作などに影響を受け、アニメーション制作を志す。アニメスタジオに勤務後、映像制作会社を起業。 2018 年に発表した自主制作の短編アニメーション『ある日本の絵描き少年』は、監督・脚本・絵コンテを手掛け、第 40 回ぴあフィルムフェスティバル準グランプリ、 第 74 回毎日映画コンクール大藤信郎賞など数多の映画祭で受賞を果たした。アニメ ーションのみならず実写、漫画の要素も取り入れたハイブリッドな作風で出品した国内外の映画祭で、注目を集めている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル