top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジャンプ+がまたヒット作を放つ!『片喰と黄金』が面白い【歴史・冒険漫画】

ホンシェルジュ

19世紀。カルフォルニアで人々が白熱したゴールドラッシュを題材に、困難に立ち向かいながらもたくましく生きる少女を中心に描いた物語『片喰と黄金』。その面白さが評判の本作は「ウルトラジャンプ」にて連載され、「ジャンプ+」でも配信中です。そんな『片喰と黄金』の魅力をあらすじも含めながら紹介します。

面白さに脱帽!「ジャンプ+」でも配信中の『片喰と黄金』あらすじから紹介!

第4回「アニメ化してほしいマンガランキング」にもノミネートされ、面白いと話題の注目作『片喰と黄金』。多くの史実をもとに、実在する人物や出来事を物語に巧みに取り込みながら、人と人との心のつながりを熱く描いた歴史・冒険漫画です。

1849年。アイルランドで起こった未曾有の大飢饉。家族も何もかも失った14歳の少女・アメリアは、カルフォルニアゴールドラッシュで一発逆転し大富豪になるためにアメリカ大陸を目指すことに。

そんなアメリアと従者・コナーが奮闘する物語片喰と黄金。行く先々で出会うさまざまな人たちとの出会いと別れ、壮絶な経験を踏みながらもたくましく突き進んでいく姿を感動的に描いています。

本作は、2019年4月から「ウルトラジャンプ」にて連載が始まりました。原作は『てのひらの熱を』や『30センチスター』で知られる北野詠一

タイトルにもある「片喰(カタバミ)」は、三つ葉の植物でシャムロックと言われています。この葉を使い、アイルランドにキリスト教を伝えたことにより、国花としてアイルランドを代表する花になりました。

広告の後にも続きます

片喰を使って鏡を磨くことから、花言葉には「輝く心」や「喜び」という意味も。それはまるで主人公・アメリアのことを指しているかのようです。アメリアは不屈の精神を持ち、その強さや明るさで出会う人たちを明るい光に導き、喜びを与えていきます。

この記事では、魅力たっぷりの『片喰と黄金』の各巻の物語を中心に紹介します。

 

イザヤやカイルなど『片喰と黄金』の人気キャラクターを紹介!

『片喰と黄金』に登場する主なキャラクターを紹介。実在する人物も多く登場します。

アメリア・オニール

本作の主人公。アイルランド人で14歳の少女。疫病で両親をなくし、祖父と農場を守っていたがその祖父も亡くなる。カリフォルニアで黄金が発見されたことを知って、アメリカ大陸へ渡り黄金を掘り当て大富豪になることを決意する。

コナー・ボウエン

アメリアの従者。アメリアのすさまじい決意にひたすら尽くしていく。強い信頼関係で結ばれている。アメリアと同じく家族をみな失い、ともにアメリカ大陸へ渡ることに。体は大きく力も強いが、心が優しく人を傷つけることができない。

カイル・ボウエン

  • 1
  • 2

TOPICS