top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

選挙当日に応援ツイート 野田聖子に「公選法抵触」と批判殺到

女性自身

選挙当日に応援ツイート 野田聖子に「公選法抵触」と批判殺到

 

総務省のサイトでは、「選挙運動期間に関する規制」として以下のように記されている。

 

「選挙運動は、選挙の公示・告示日から選挙期日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条)」

 

広告の後にも続きます

「違反した者は、1年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処することとされており(公職選挙法第239条第1項第1号)、選挙権及び被選挙権が停止されます(公職選挙法第252条第1項・第2項)」

 

野田氏は17年8月から18年10月にかけて、総務相に就任していた。今年3月には、総務相時代にNTTから高額接待を受けていたと『週刊文春』に報じられたばかり。だが「総務省が全く関わらないプライベートな会合」などと否定し、「見苦しい言い訳」として批判が相次いでいた。

 

元総務相として思わぬ墓穴を掘ってしまったが、今回はどのように釈明するのだろうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル