top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宮崎謙介〈政界“魑魅魍魎”ウォッチ〉「ワクチン交渉での衝撃『後回し宣告』」

アサ芸プラス

 元衆院議員の宮崎謙介氏が足掛け5年の議員生活の経験をもとに、政治家ウオッチングやオフレコ話、政治にまつわる話を適度な塩梅で、わかりやすく「濃口政治評論家」として直言!

 東京の高齢者から、こんなお願いが届きました。

〈八王子から始まったコロナワクチン。次の順番で回ってくる地区に住んでいますが、八王子ですらまだ2000人ほどしか打っていないと聞いて、自分は本当に打てるのか、と。不安だから政府に聞いてほしい〉

 さらに、知り合いの70歳の医師は、次のように言って、苦笑しています。

「僕は持病持ちなんだけど、ワクチン接種のお知らせなんて来ないよ。うちのクリニックには医師と看護師、合わせて20人ほど働いているけど、まだ誰ひとりとして打ってない

広告の後にも続きます

 2月中旬から動き出した新型コロナのワクチン接種。医療従事者約480万人、この4月からは約3600万人の高齢者の優先接種でスタートし、6月末までに全ての高齢者に2回分の接種を終了する予定だと、政府は打ち出しています。このスケジュールはどうやら遅れているようですが、ここにきて再び、コロナ感染者数が急速に膨れ上がっているため、「ワクチン、回ってこないけど、どうなってるの!?」と世間が騒ぎ始めました。

 以前は「副反応が怖いし、接種した医療従事者たちの統計が出て、安全だとわかったら打ちたい」という声もあり、どちらかというと、バンバン打つ派より、おっかなびっくり派が多かった気がしますが。

 そこで、河野大臣がEU議員とワクチン交渉をした場に同席した議員を直撃してみました。

 そもそもなぜ日本へのワクチン供給が少ないかというと、2つの理由があるそうです。

 ひとつは「EU内が収拾つかない状態で、他国へ出すことはできません。そこはご理解ください」。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル