top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

白濱亜嵐“隆治”、研修医として奮闘する姿に「共感する部分が色々あった」

テレビドガッチ


白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演を務める土曜ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第1話が、4月24日に放送。インターネット上では、研修医として奮闘する若者たちに共感する声があがっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

鬱陶しいほどの熱い情熱をもって、一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちとともに成長していく姿を描く青春群像劇。

雨野は、同期の中園くるみ(恒松祐里)、川村蒼(野村周平)、滝谷すばる(柄本時生)らに、苦しむ救急患者を担当したときの話を自慢げに語っている。彼曰く、すぐに症状を見抜いたという。「ようするに、救急外来は、診断や治療をする場所じゃなくて、致死的な疾患を除外する場所ってことなんだよね」という彼に、滝谷は賞賛するが、川村とくるみは雨野が資料をまる読みしていることに気づく。

実際のところ、雨野は何もしていなかった。救急患者にあたふたして治療器具を落とし、先輩の佐藤玲(木南晴夏)が来るのを指をくわえて待っていただけ。同期に見栄を張っていたのだ。

14歳の女子中学生・杉崎あやが病院にやってきた。母親によると、数時間前から腹痛を訴えているという。雨野が問診を担当し、アッペ(急性虫垂炎=盲腸)と診断。後日、誰が彼女の手術を担当するのか話し合いになった。どの医師もやりたがらず、雨野が指名された。彼は“見ている人は見てくれているんだ!”と大喜び。早速、手術の資料を取り寄せ、縫合の練習をやり続ける。

そんな中、川村と滝谷が、患者を前にして大喧嘩。止めに入った雨野は、どこまでもイラついている2人に「同期で俺だけオペができるようになったの妬いてるんじゃないの? もうやめてよー。俺はお前らみたいに暇じゃないんだよ」とぶつける。彼の言葉に、2人は呆れて喧嘩をやめた。

いよいよ手術。あやの体にメスを入れようとしたそのとき、佐藤にバトンタッチするよう指示が。結果的に、佐藤がすべての手術を行った。なぜ手術させてもらえないのか。佐藤や彼を抜擢してくれた消化器外科の副部長・岩井智也(高橋和也)を問い詰めると「悪かった。あれは研修医にやる心構えの研修。オペドッキリだ」と岩井。自分がどれだけ準備してきたかを訴えるが、佐藤は「何つっかかっているわけ? 初めて人の体にメスを入れるから準備したんでしょ? だからいろんなこと想像して緊張して怖くもなったんでしょ。その気持ちを岩井先生は味合わせてくれたんだろうが。少しでもビビっているヤツに執刀させるほど、医者の世界は甘くないんだよ」と説教を受けてしまう。

落ち込む雨野だったが、岩井は「おまえのうぬぼれ、俺は嫌いじゃない。うぬぼれでしかプライドは育たない。そのうぬぼれを何度も潰されて医者になっていくんだ。がんばれ。研修医」と声をかけられた。

同期の部屋で中園にオペのことを問われた雨野はドッキリだったことを明かし「俺はただ見ていただけ」と振り返る。そして、川村と滝谷へは偉そうにしたことを謝罪。川村と滝谷も和解して……。

ネット上では、働く人への応援歌とのなる物語に「気づいたら祈って応援していた」「気のいい同期がいるって何よりの宝」「共感する部分が色々あった」との声があった。

次回は5月1日に放送。親子3人が乗っていた車が高速道路で事故に遭い、10歳の男の子が運ばれる。雨野は何もできずにいた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル