top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年入社の新人はしっかり者!? 初任給の使い道、56%が「貯蓄」16%が「投資に回す」

J-CAST会社ウォッチ

コロナ禍の巣ごもり生活で、入社1年目、2年目の若手社員の貯蓄志向が高まっていることが、ソニー生命保険の「社会人1年目と2年目の意識調査」でわかった。2021年4月21日の発表。

社会人1年目はしっかり者が多いようで、また2年生も将来の目標貯蓄額が大幅に増えていた。

「投資に回す」1年生は16.4%、2年生を上回る

調査では、まず社会人2年生に、就職した会社でどのくらいの期間、働いていたいか聞いたところ、「すでに辞めたい」と答えた人が4人に1人(25%)を占めてトップだった。前年の23.4%から、やや上昇した。

また、2年生がこの1年間でもっともガッカリしたことは何だったかを聞くと、「給料が少なかった」が29.4%で最も高く、次いで「ボーナスが少なかった」の21.2%で、給料とボーナスが期待ハズレだったことがわかった。

3位には「同期で集まる機会が少なかった」(20.0%)、4位は「仕事を教えてもらう機会が少なかった」(19.8%)となり、これは新型コロナウイルスの感染拡大で、入社早々テレワークなど在宅勤務を余儀なくされたためとみられる。

広告の後にも続きます

社会人1年生に初任給の使い道を聞くと、「貯蓄に回す」が56.0%でトップ。次いで、「生活費(食費など)に充てる」(36.6%)、「親への贈り物を買う」(34.8%)、「自分にちょっと良い物を買う」(30.6%)、「親をご馳走につれていく」(29.6%)となった。

また、2年生に1年目の初任給をどう使ったか聞くと、「貯蓄に回す」が46.8%で最も高く、次いで「生活費(食費など)に充てる」の32.4%、「親への贈り物を買う」の25.4%、「自分にちょっと良い物を買う」23.6%、「親をご馳走につれていく」18.6%と続いた。

今回の調査では、2年生よりも1年生のほうが「貯蓄に回す」との答えが10ポイント近く高く、また「親をご馳走につれていく」は10ポイントを上回った。

さらに「投資に回す」との回答が、1年生で16.4%あり、2年生の6.2%を、やはり10ポイント以上も上回った。

社会人2年生に1年目の貯蓄額を聞いたところ、「100万円以上」が29.6%で最も多く、次いで「50万円~100万円未満」の20.8%。平均は58万円だった=下図参照。

前年調査の2年生の平均貯蓄額は45万円で、13万円増加した。「(新型コロナウイルスの感染拡大の影響で)外出自粛の生活が続き、出費がかさまなかった結果、浮いたお金を貯蓄に回した人が多かったのではないか」と、ソニー生命はみている。


  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル