top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

向井秀徳×崎山蒼志、有観客野外ツーマンライブにて奇跡の“響嚥”ライブレポート

SPICE


2021年4月24日(土)大阪・服部緑地野外音楽堂にて、向井秀徳アコースティック&エレクトリックと崎山蒼志という奇跡の競演が実現した。どちらもバンドを背負わない弾き語りでのツーマンライブ「白昼ノ響嚥」。新型コロナ禍の影響で一時開催も危ぶまれたが、厳重な感染予防対策のもと無事開催された。


(C)ハヤシマコ



観客の期待と興奮で満ち溢れる中、まず登場したのは向井秀徳アコースティック&エレクトリック。歓声を上げられない状況の中、観客も普段以上の盛大な拍手で出迎える。「皆さんお集まりいただきまして誠にありがとうございます。Matsuri Studioよりやってまいりました、This is 向井秀徳!」とお馴染みの挨拶を発したのちにエレキ・ギターをかき鳴らし届けられたのは「SENTIMENTAL GIRL'S VIOLENT JOKE」。これぞ向井秀徳と言わせるパフォーマンスで早速観客を酔わせ、続く「SAKANA」ではループ・マシンを駆使した没入感たっぷりのアンサンブルと、夏を感じさせる爽やかな晴天に重なり合うようにリリックが響き渡る。


(C)ハヤシマコ



「Water Front」で向井秀徳色に染まりゆく会場はさらに一体となって体を揺らす。時折歌詞に関西弁を交じらせる演出に観客もすっかりリラックスムード。ここでアコースティック・ギターに持ち変えると、Kimonos「Yureru」のカバーを披露。至極の心地よさを感じさせるチルアウトな空気に浸らせたのもつかの間、「6本の狂ったハガネの振動」で一気に緊張感をもたらす。そして「誰も知らないと思いますが、フィッシュアンドチップスというバンドの『忘れられへんねん』という曲をやります」というMCを経て披露されたのはサカナクションの「忘れられないの」。なんとも贅沢なカバーだ。



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル