top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

闇営業の美容整形医に工業用シリコンを注入された女性、顔が風船のように腫れあがる(ブラジル)

カラパイア

闇クリニックで工業用シリコンを顔面に注入された女性、顔が風船のように膨れ上がる
画像はイメージです photo by iStock

 美容整形が手軽に受けられるようになった今、闇クリニックも増え、違法の施術で患者が取り返しのつかない結果を招くことも少なくない。

 ブラジルに住むトランスジェンダーの女性は、資金があまりなかったため、2017年にリスクを承知で闇クリニックで顔面に工業用シリコン注入する施術を受けた。

 その結果、顔面が風船のように顔が腫れあがってしまったという。『Observatorio G』などが伝えた。

闇クリニックで工業用シリコンを顔に注入した女性

 ブラジル南部リオグランデ・ド・スル州パソ・フンドに住むトランスジェンダーのジュジュ・オリヴェイラさん(30歳)は、ふっくらした女性らしい顔に憧れ、2017年にリスクを承知で、闇クリニックにて工業用シリコンを250ミリリットル注入する施術を両頬、鼻、顎全体に受けた。

 ところが、施術直後から顔面が風船のように腫れあがってしまった。
闇クリニックで工業用シリコンを顔面に注入された女性、顔が風船のように膨れ上がる
image credit:oliveirajuju358/Instagram

 元エスコートサービスの仕事をしていたというオリヴェイラさんの顔は、施術前とは別人で、周りから「陰嚢」に似ていると誹謗中傷を受けるようになった。

 また、過去の子供向けテレビ番組にあった頬が垂れ下がったキャラクター『Fofao』と呼ばれてからかわれたりする日々が続き、オリヴェイラさんは精神的に落ち込んだ。

 

摘出手術のための寄付を募るも目標金額に届かず断念

 シリコンの摘出手術をするための費用がないオリヴェイラさんは、ブラジルのクラウドファンディングサイトでアカウントを設置し、寄付を呼び掛けた。

 しかし、目標金額45000レアル(約89万円)に対し、集まったのは20000レアル(約40万円)だったため、結局摘出手術を諦めざるを得ず、アカウントを閉鎖した。

 オリヴェイラさんは、自身が撮影した動画(現在は削除済み)でこのように語っていた。
シリコン摘出手術を受けられないと知って、今日はとっても悲しいわ。このまま、私は垂れ下がった頬と腫れた顔で生きていかなきゃならないのね。周りの人は、ずっと私をいじめ続けるわ。

闇クリニックで工業用シリコンを顔面に注入された女性、顔が風船のように膨れ上がる
image credit:oliveirajuju358/Instagram

 容姿への誹謗中傷を受けたことと、健康上の問題を抱えていたことから、シリコン摘出手術を受けたいと願っていたオリヴェイラさんの姿が地元メディアや海外メディアで報じられると、その変貌ぶりに驚愕する人々が相次いだ。
この投稿をInstagramで見る

Juju Oliveira(@oliveirajuju358)がシェアした投稿

 去年8月に設置したオリヴェイラさんのインスタグラムアカウント『oliveirajuju358』は、これまでわずか5件の投稿しかないが、38000人ものフォロワーがいる。

 もしかしたら、もう一度クラウドファンディングで寄付を呼びかければ、シリコン摘出施術を行えるかもしれない。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル