top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

雨上がり宮迫「闇営業でもなんでもありません」“吉本芸人コラボNG”記事に猛反論も苦境は変わらない?

リアルライブ

 現在はYouTuberの活動が中心となっている、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之に対し、古巣の吉本興業がある申し入れをしていたことを、今月20日付の一部スポーツ紙が報じた。

 宮迫のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」にはこれまで、ガレッジセール・ゴリ、次長課長・河本準一ら、吉本興業に所属する多数の芸人がゲストとして出演していた。

 記事によると、宮迫側から芸人に直接電話でオファーがあり、事務所を通すことなく出演が決まるケースがあったそうで、同社を通さずに直接ブッキングしていたことについて、同社が難色を示したのだとか。

 そして、3月末ごろに同社から宮迫に連絡が入り、「仕事をするなら吉本興業を通してもらいたい」との申し入れがあったという。

 「吉本としては、今のやり方だといわゆる“闇営業”であると主張。宮迫のYouTubeの収録時間が押して、自社が入れていた所属芸人のスケジュールに影響が出ることなどを懸念。ギャラに対してはかなりシビアな吉本だけに、宮迫側との出演料の交渉などもあり、申し入れをしていたというのが記事の要旨だったのだが……」(テレビ局関係者)

 >>「なんで上から目線? 何様?」「不愉快」有吉の結婚祝福の宮迫に批判の声 “渡部よりも上”発言が物議<<

 この記事に対して、宮迫は22日にYouTubeチャンネルに「緊急動画」を投稿し、記事に対して否定・反論。

 宮迫は「ギャラ交渉もちゃんとマネジャーさんと会社の方ともやらせてもらってます」、「なので闇営業でもなんでもありません。一切ございません。マネジャーさん同行のもとにやっております」と主張。

 また、「全部、僕側から出てくださいというわけでもなく、何人かはコラボしてくれませんかと、向こうの芸人さん側から来たのも多数ございます」と説明した。

 「吉本とパイプが太いスポーツ紙が報じたので、吉本側からのリークといわれています。もともと、“吉本のドン”である大崎洋会長が『宮迫は許さん!』という厳しい姿勢なので、吉本との関係が最悪で、テレビ復帰が厳しい現状を分からせたかったのでは」(芸能記者)

 このままだと、宮迫はYouTubeにさらに力を入れなければならないようだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル