top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

社長辞任、CVC買収断念… 混迷の東芝はどこへ行くのか!?

J-CAST会社ウォッチ

東芝の混迷が終わらない。アクティビスト(物言う株主)との対立激化、英投資ファンドCVCキャピタル・パートナーズの2兆円規模の買収提案から、車谷暢昭(くるまたに・のぶあき)社長兼最高経営責任者(CEO)の辞任、CVCの買収実質断念と、事態はめまぐるしく動いた。

名門企業・東芝はどこへ向かって行くのか。

社長には前任の綱川会長が復帰

J-CASTニュース、会社ウォッチでも、東芝のゴタゴタは何度も報じてきた。

「選任賛成率、異例の『57.96%』 物言う株主に悩まされる東芝・車谷社長のかじ取り」(2020年8月25日付)

で、旧村上ファンドの流れをくむ「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント」(シンガポール)など、物言う株主との攻防を伝え、この総会の議決権の扱いをめぐる対立を、「東芝経営陣の正念場 『物言う株主』が揺さぶる『不利益な議決権行使』の実態解明のゆくえ」(2021年3月27日付)

広告の後にも続きます

で詳報。さらに、4月13日付で

「東芝2兆円買収 CVCキャピタルの提案は『混迷』から脱出するチャンスなのか?」で、CVCキャピタル・パートナーズによる買収提案を伝えたばかりだ。

そして事態は14日に急転。車谷社長兼CEOが辞任し、後任に前社長の綱川智会長が復帰する人事を決めた。

これを発表した記者会見には綱川氏と社外取締役として指名委員会委員長を務める永山治・取締役会議長(中外製薬名誉会長)が出席。欠席した車谷氏の「今年1月に東芝再生のミッションがすべて完了し、達成感を感じている」などとしたコメントが出されたが、社内の混乱を収拾するため、辞任に追い込まれたのが実態だ。

大まかな流れをおさらいしておこう。

2015年以降、不正会計や米原発子会社での巨額損失が相次いで発覚し、経営危機に陥った東芝は、2期連続の債務超過による上場廃止を避けるために2017年に約6000億円の増資を実施。その際、エフィッシモ・キャピタル・マネジメントなどの物言う株主が多くを引き受け、今も東芝株式の2割超を保有しているとされる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル