top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

白濱亜嵐演じる新米研修医“隆治”、初めてのオペに喜ぶも病院内でトラブルが発生!

テレビドガッチ


白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)が主演を務める新ドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)が、4月24日にスタートする。

本作は、鬱陶しいほどの熱い情熱をもって、一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、現実に打ちのめされ、葛藤し、幾度となく涙を流しながら、それでも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちとともに成長していく姿を描く青春群像劇。物語では、新米研修医となった隆治に、さまざまな困難や試練が訪れる。

<第1話あらすじ>
地方の大学を卒業した雨野隆治(白濱)は、1日も早く一人前の医師になるという夢を持ち、研修医としてやる気に満ちていた。しかし、研修医の現実は、「兵隊」「伝書鳩」「さすまた」と言われ、医師たちが機嫌良く仕事ができるようにするため、サポートという名の雑用をこなす毎日。

その上、患者を前にしてもまともに動けず、救急患者が運ばれてきた時には、隆治はうろたえるばかりで、何もできないどころか器材をばらまいてしまう始末。理想と現実は程遠い。結局、その救急患者は指導医の佐藤(木南晴夏)が全て行うことに。それでも、同期研修医の川村(野村周平)、滝谷(柄本時生)、くるみ(恒松祐里)には、見栄を張ってまるで自分がやったかのように語り出す。

そんなある日、14歳の女の子が母親に付き添われながら、腹痛で救急外来にやってくる。妊娠も疑われたが、結果アッペ(=虫垂炎)だと診断され、手術は後日行われることに。医局のカンファレンスで誰が執刀するかという話になるが、どの医師も「忙しい」と互いに手術を押し付け合って誰もやりたがらず、隆治に振られる。

初めてのオペに喜ぶ隆治の一方で、先を越された同期は複雑な心境に。それからというもの、隆治はかき集めたアッペの資料を読みこんだり、手術の確認、縫合の練習など準備に没頭する。そんな最中、病院内でトラブルが発生。なんと、川村と滝谷が取っ組み合いのケンカを起こし……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル