top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「すれ違うほど想い合う2人が、尊くて愛おしい」吉川愛×板垣李光人W主演ドラマ『カラフラブル』第4話

テレビドガッチ


吉川愛と板垣李光人がW主演する連続ドラマ『カラフラブル』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜よる11:59〜)の第4話が4月22日に放送された。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちな漫画編集者・町田和子(わこ/吉川愛)と、メイクやファッションを自由に楽しむジェンダーレス男子・相馬周(めぐる/板垣李光人)のラブストーリー。視聴者からは、「毎話テーマが良い」「深く考えさせられる内容」「すれ違うほど想い合う和子と周が、尊くて愛おしい」という絶賛の声が多く上がった。

周は、自分と同じコンプレックスを持つタレント・ゆうたん(永田崇人)と分かり合えなかったことで、「つらい」と泣き崩れてしまう。和子は、そんな周を見て思わず無言でキスをしてしまった。後日、和子は「これはもう、セクハラなのでは!?」と激しく動揺する。一方で、周は、ぎこちない態度の和子に戸惑っていた。

ある日、編集部のデスク・境(おいでやす小田)のもとへ娘・乙姫が訪ねてくる。境は妻と離婚し、乙姫を1人で育てていた。乙姫は、“お父さん、お母さんの働いている所を見てみよう”という学校の課題で、境の仕事を見学に来たという。その約束をすっかり忘れていた境は、大慌てでキラの撮影に参加させてほしいと和子に頼み込む。乙姫がキラのファンなので、彼女に撮影を見学させてやりたいからだ。和子は、境の「父親は、子供のヒーローにならなあかんねん!」という言葉に触発され、頼みを引き受けることに。

キラの撮影は順調に進み、境も穏やかな仕事ぶりを乙姫に見せていたのだが、新入社員・甘地(遠藤健慎)がミスをしたことでカッとなり激しく叱ってしまう。それこそが境の本当の姿なのだが、和子は「あの時、私がもっと上手く立ち回れていたら……」と自分を責める。父として娘にカッコいいところを見せようとする境に、周の前ではヒーローでいようとする自分を投影していたのだ。Twitterでは、「和子ちゃん、何も悪いことしてない……」「ドラマとわかっていても泣ける」「真っ直ぐな和子ちゃん本当好き」「すれ違うほど想い合う和子と周が、尊くて愛おしい」「毎話テーマが良い」「深く考えさせられる内容」というコメントが寄せられた。

「世界には色々な人がいて、全員と分かり合うなんて無理かもしれない。けど、私は、周君とだけは……!!」あの時キスをした本当の理由を伝えるために、和子は会社を飛び出して周のもとへ走る。ダメなところも隠さず、ありのままで付き合う覚悟を決めた2人の恋は、まだまだ始まったばかりだ。

【文:齋藤 めぐみ】

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル