top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

もはや体の一部!? 陸上競技用車いす「レーサー」進化の歴史

パラサポWEB

まるでモータースポーツのような迫力とスピード感が魅力の陸上競技の車いす種目。記録の向上にはアスリートの身体能力だけでなく、車いす側の進化も欠かせない。例えば1988年のソウルパラリンピックの400mでの優勝タイムは59秒02(クラス:4)だったが、20年後の北京パラリンピックでは45秒07(T54)まで短縮されており、アスリートの努力と用具の進化が合わさったことによる結果といえるだろう。レーサーと呼ばれるこの競技用車いすの進化について、陸上競技選手としてアテネ大会とロンドン大会の2度パラリンピックに出場し、オーエックスエンジニアリングで開発にも携わっていた花岡伸和さんに聞いた。

競技用車いすの“素材”も進化

第1回大分国際車いすマラソンが開催されたのは1981年、当初はまだ生活用の車いすがほとんどだった。その後、ハンドリム(※1)が小さく、軽さを意識した競技用車いすが開発される。

ハンドリムが小さくなると、生活用車いすがギアの1速だとしたら3速や4速で走っているようにスピードが出ます。その分、漕ぎ出しには力が必要になります!

※1 ハンドリムとは、車いすの車輪外側に取り付けられたリングのこと。ここを手で回転させ、車いすを操作する。 1981年に開催された第1回大分車いすマラソンには、4輪の車いすに乗った選手たちの姿が photo by 社会福祉法人 太陽の家

競技用車いすが4輪から3輪になったのは80年代の後半になってから。フレームの素材はクロモリと呼ばれる鉄が主流だった。

私が初めて乗った競技用車いすもクロモリ製でした。複雑な形状で軽さと剛性も求められるため、細身のパイプをトラス(はしご)状に組み合わせていました。

広告の後にも続きます

その後、フレーム素材はより軽量なアルミが主流となり、90年代にはカーボン製も登場。軽いだけでなく、振動吸収性にも優れたカーボン製のフレームは、とくに長距離を走る競技では大きな効果を発揮した。

モデルチェンジを経て、1999年に発売されたオーエックスエンジニアリングのアルミ製レーサー photo by OX ENGINEERING オーエックスエンジニアリングから2015年に発売されたカーボン製レーサー photo by OX ENGINEERING

高速で走る競技用車いすは、ハンドリムを漕ぐのは一瞬。慣性で転がっている時間が長いので、振動を吸収してエネルギーを殺さずに進めるカーボンのメリットが活きるのです。

素材だけでなく”フレーム形状”も進化

進化したのはフレーム素材だけではない。フレームの設計も、クロモリ時代の細いパイプを組み合わせた形状から、太い1本のパイプを使ったものに進化した。

個人的には素材よりもフレームワークのほうが変化が大きいと感じました。見た目の形状だけでなく、オーエックスエンジニアリングではフレームの断面形状も縦楕円からおにぎり型、ひょうたん型、モナカ型と進化させていました。

2012年のロンドンパラリンピックは、オーエックスエンジニアリングの市販カーボンレーサーで車いすマラソンに出場。5位に入賞した花岡伸和さん photo by X-1

フレームの長さも、選手によって好みが分かれる部分のよう。その長さに合わせてフレームのどの部分で選手の体重を受け止め、分散させるかなど設計も異なってくるという。

私は短いフレームが好みでした。長くなると剛性バランスが難しくなる気がして。3輪の乗り物でコーナーを曲がると、必ずねじれが発生するので、フレームがしなってくれるほうが感覚に合いましたね。

効果の大きかった”ホイール”の進化

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル