ハーレム(はーれむ)とは、一人の男性が、複数の女性に愛されて囲まれ、デレデレになっている状態。

「ハーレム」の意味

一人の男性が、複数の女性に愛されて囲まれ、デレデレになっている状態。または複数の女性から恋愛対象とされ「どうしよう、俺……デヘヘ」と、困ったふりをしながらニヤけている状態を指す。

男性一人に対し、女性は複数だが、浮気や不倫との最大の違いは女性同士も公認であるという点で、取り巻き同士の間に争いはない。これは「他の人を好きになってもいいから自分も大事にして」、「争わないように、みんなで彼(彼女)を共有しよう」、という意識の下に行われていると思われる。

(広告の後にも続きます)

「ハーレム」の語源・由来

元々はアラビア語の「ハラーム」(ハリームとも)が語源。
「禁じられた場所」「許されないもの」という意味を持ち、男性の立ち入りを禁じられた空間を指す。

イスラム教では、男性と女性はある程度の距離を保つべき関係とされており、男女間の接触を物理的に断ってしまうという考えのもと、女性だけの空間「ハーレム」が作られるようになった。
そもそも「ハーレム」には、多くの女性を抱えその生活を維持することが可能な経済力が必要であり、結果として富裕な権力者でないとハーレムを作ることすらできない。
イスラム世界屈指の大帝国であったオスマン帝国においても大規模なハーレムが存在していたことが知られている。

やがて元の意味を離れ、「一人の権力者のもとに多くの夫人・女性が集っている」という部分だけが強調された結果、「一人の男性が複数の女性を侍らせている」状態を表すこととなった。

⇒次ページ:「ハーレム」どう使う? 逆ハーとは?