『呪術廻戦』はあと2年で終わる……? 先日放送された『漫道コバヤシ』(フジテレビ系)では、『呪術廻戦』の作者・芥見下々先生が登場。先生の口から語られた衝撃の事実に対し、ネット上が騒然としているそうです。

先日放送された『漫道コバヤシ』(フジテレビ系)では、『呪術廻戦』の作者・芥見下々先生がゲスト出演。同作にまつわる重要情報が次々と明らかになりました。

『呪術廻戦』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『呪術廻戦』|呪い。辛酸・後悔・恥辱…。人間の負の感情から生まれる禍々しきその力は、人を死へと導く。ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生の虎杖は、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく…!異才が拓く、ダークファンタジーの新境地!

“存在しない記憶”の謎は…

たとえば東堂葵や脹相の脳内に、突如現れた“存在しない記憶”。ファンの間ではかねてより虎杖悠仁の能力と噂されてきましたが、じつは虎杖の能力とは全く関係がないそうです。

というのも2人に記憶が流れ込んだのには、それぞれ別々の理由が。

芥見先生曰く“東堂でやったくだりを脹相に被せただけ”だそうで、存在しない記憶については「本誌派の人は(そろそろ)謎が解けたと思う」とも語っていました。

(広告の後にも続きます)

今後、日常パートはない?

一方ファンを最も驚かせたのは、番組終盤で語られた“呪術廻戦はあと2年で終わる”発言。

番組MCのケンドーコバヤシさんが「(今、呪術廻戦は)何合目まで来てるんだろう。」と尋ねたところ、芥見先生から「今のところの感覚だと6、7なんじゃないかな」「連載期間で言うと2年かからないんじゃないか」という答えが返ってきたのです。

もちろんあくまで予定の話ですが、ネット上では「え、意外と早い!?」「どうやら私の余命はあと2年らしい」などの反響が続出。ちなみにもう終わり方は決まっているうえ、今後日常パートは出てこないとか。
先生、衝撃情報が多すぎます……!(笑)

『呪術廻戦』のセリフが深い… アニメから学んだ“一番為になったこと”といえば?『ハガレン』『銀魂』etc.

先日Twitterで大きな注目を集めた「#一番為になったアニメから学んだこと」。どのような作品から“学び”を得たのか、ハッシュタグに挙げられたタイトルをチェックしていきましょう。

『呪術廻戦』五条悟推し・ロボコの強火な愛に完敗…!あのアーティストからも感謝の声

『週刊少年ジャンプ』で連載中のギャグマンガ『僕とロボコ』。かねてよりファンの間ではロボコの“『呪術廻戦』愛”が注目を集めてきましたが、2月4日配信のコラボPVではさらに強火の愛情表現が描かれていたようで……。