バギーが出会った「親方」って誰? 画像は、アニメ『ONE PIECE インペルダウン編』DVD2巻(エイベックス・ピクチャーズ)

【え?】凄すぎ! これが25巻のセルフオマージュになった105巻表紙の「描く順番」の工程です

20年以上前に暗示されていた新時代の「四皇」

 今から22年前、2002年に発売された『ONE PIECE(ワンピース)』のコミックス25巻には、物語の根幹を揺るがす数々の伏線が隠されていました。なかでも、のちの「四皇」が暗示されていた表紙に、ド肝を抜かれたファンは多かったでしょう。

 実は25巻の表紙には、まだまだ他にも重大な伏線が隠されているかもしれないのです。

 2023年に発売されたコミックス105巻は、25巻と同じく主人公のルフィをはじめ赤髪のシャンクス、黒ひげマーシャル・D・ティーチ、道化のバギーの4人が表紙を飾りました。ご存じの通り、彼らは百獣のカイドウ、ビッグ・マムが倒された新時代における四皇です。

 シャンクスとティーチは以前から名を連ねていたものの、まさか25巻の表紙通りにルフィとバギーが新たな四皇になるとは……。コアなファンでも、この伏線回収は予想できなかったのではないでしょうか。

 そして25巻は他にも、その先の展開に大きく関わってくる重要なシーンがいくつもありました。白ひげことエドワード・ニューゲートや、バーソロミュー・くま、ドンキホーテ・ドフラミンゴ、世界最高権力を持つ「五老星」の初登場に、黒ひげ海賊団の台頭、またサンジの生まれが「北の海(ノースブルー)」だと示されたのもこの巻です。細かいところでは、のちにロックス海賊団の一員だと判明するキャプテン・ジョンの名前も出てきました。

 そのためファンのあいだでは「25巻にはまだまだ重要な伏線が隠されているに違いない!」と、今でも盛んに考察が行われています。特に話題の中心となっているのは、やはり表紙に関する謎でした。

 たとえば25巻の表紙には、当時の海軍元帥「仏のセンゴク」のペットであるヤギの姿も描かれています。ヤギらしく「紙(カミ)」を頬張っているのですが、これは新たな四皇たちが「神(カミ)」の名を持つ「悪魔の実」を食べていることを暗示しているのではないか、という説があります。

 ダジャレのような考察ですが、無理やりにでもこじつけたくなるファンの気持ちも否定できません。なぜならルフィが「ヒトヒトの実 モデル:ニカ」という「太陽の神」の力を有していることが明らかになったからです。

「空島編」の過去エピソードでは、「太陽の神」「雨の神」「森の神」「大地の神」というワードが出てきました。くしくも四皇と人数が一致しています。もしかすると「バラバラの実」や「ヤミヤミの実」も、「ゴムゴムの実」のように何か別の名を持つ特別な能力の可能性があるかもしれませんし、シャンクスも実は何かしらの悪魔の実を食べているのかもしれませんね。

 その他、ヤギが食べている紙は「シャンクス以外の旧四皇(白ひげ、ビッグ・マム、カイドウ)の手配書」などの説もありますが、センターに書かれているだけに特に重要な雰囲気が漂います。



シャンクスも「神」に関係する能力者? 「Portrait.Of.Pirates ワンピース"Playback Memories" 赤髪のシャンクス」(メガハウス)

(広告の後にも続きます)

意味ありげに描かれた「親方」の存在

 そして極めつけは、表紙に描かれた「親方」の存在です。彼は25巻233話「世界最高権力」にて、バギーがキャプテン・ジョンの財宝を求め、うっかりトンネル工事現場に足を踏み入れた際に遭遇した人物でした。

 いわゆるギャグパートの登場人物なのですが、四皇に並んで25巻の表紙を飾っているからには何かあるはずでしょう。一部ファンのあいだでささやかれている最もストレートな考察は、彼が働いていたトンネル工事の現場が何か重要な役割を持っているのでは、というものです。

バギーは、この場所にロックス海賊団の一員であるキャプテン・ジョンの財宝が隠されているという噂を聞きつけてやってきたようでした。ギャグで流されてしまいましたが、もしかするとウワサは本当で、何か重要なお宝が隠されておりいずれ親方が再登場するのでは、ともいわれています。

 またちょっとふざけた考察ですが、表紙で親方が「指(フィンガー)」をシャンクスに向けているため、彼が「フィガーランド家」という天竜人の一族だと示していた、という考察もありました。

 とはいえ「フィガー(figure)」と「フィンガー(finger)」ではスペルも違うので、ダジャレとしてもちょっと強引ですね。親方がシャンクスを指さしている点に着目するなら、彼が四皇の中でも特別な立場、例えばラスボスの座に立つことを暗示しているといった考察の方が自然かもしれません。

『ONE PIECE』では、ちょっとした描写が伏線になっていることも少なくありません。果たして25巻の謎は、今後明らかになるのでしょうか。