古谷徹&古川登志夫ら名だたる声優陣参加! SF海洋戦記アニメ「宇宙空母ブルーノア」がスターチャンネルで放送&配信

『宇宙戦艦ヤマト』を製作した西崎義展が企画・原案・製作を担当し、1979年~1980年にオンエアされたTVアニメ『宇宙空母ブルーノア』が、2024年3月1日より「BS10 スターチャンネル」「Amazon Prime Video チャンネルスターチャンネルEX」にて放送&配信開始。これにあわせて、「スターチャンネル」公式YouTubeにて予告編映像および第1話が無料公開された。

『宇宙空母ブルーノア』は、空前の『宇宙戦艦ヤマト』ブームが続く渦中に、同作スタッフが『ヤマト』の次の試みとして企画され、『ヤマト』シリーズを創出したアカデミー製作(当時)が製作。同社の代表取締役社長で、『宇宙戦艦ヤマト』の生みの親である西崎義展が企画・原案・製作を手がけ、陣頭指揮を執った意欲作だ。

時は21世紀半ば、人工惑星に軍事国家を持つゴドム人の侵攻で9割の人類を失った地球軍が、最後の切り札として戦略空母ブルーノアを開発。
ゴドム軍への逆襲に転じ……という内容だが、『ヤマト』が戦争・戦記映画、スペース・オペラ色が強かったのに対し、本作では“宇宙空母”としながらもメカニック・バトルシーンは海戦中心に描かれ、空母ブルーノア以上に潜水艦シイラが活躍するなど、海洋ロマン・海洋アドベンチャー的作風に仕上がっている。

登場人物もメインが学生たちということで青春ドラマ要素も強く、80年代のハリウッド映画を先取りしたような世界観を呈しており、古谷徹、古川登志夫、伊武雅刀、井上真樹夫、千葉繁ら豪華な顔ぶれが声優として参加した。

今回公開された予告編で映し出されるのは、異星人の襲来で人類滅亡の危機に立ち向かう極秘戦略空母「ブルーノア」搭乗員たちの活躍や危機迫る戦闘シーン。
川崎麻世の唄う懐かしの主題歌「宇宙空母・ブルーノア -大いなる海へ-」にも注目して欲しい。

『宇宙空母ブルーノア』は、「BS10 スターチャンネル」「Amazon Prime Video チャンネルスターチャンネルEX」にて放送&配信中。

【配信】Amazon Prime Video チャンネルスターチャンネルEXにて
3月1日(金)配信スタート※第1話<1>は無料配信

【放送】BS10 スターチャンネル【STAR1】3月25日(月)より毎週(月)~(金)20:15頃放送 ほか
【先行無料放送】 3月23日(土)17:00 ※第1話<1>のみ無料放送
<全24話※27エピソード>※第1話<1>~<4>は、1979年の初回放送時に2時間スペシャルとして放送した
第1話の分割版。
企画・原案・製作:西崎義展 『宇宙戦艦ヤマト』
プロデューサー:飯島敬 『超電磁ロボ コン・バトラーV』
チーフディレクター:棚橋一徳 『宇宙戦艦ヤマト』、勝間田具治 『マジンガーZ』『デビルマン』
総作画監督:小泉謙三 『宇宙戦艦ヤマト』
キャラクターデザイン/作画:羽根章悦 『海のトリトン』『マジンガーZ』
(C)東北新社