ノリスの生き様を垣間見せる「仕事道具」。BANDAI SPIRITS「HG 1/144 グフカスタム」 (C)創通・サンライズ

【動画】「ゾクゾクするほど強ぇ!」文字通り敵を手玉に取っているノリスとその「グフ・カスタム」を観る

「死に様」は「生き様」…最期がかっこよすぎる男たち

 論戦のなか死んでいった『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の「シャア」のように、メインキャラだからといって華々しく最期を迎えられるわけではありません。かたやかっこよく散っていったキャラクターも多く見られ、今回はそうした見事な散りっぷりを見せたキャラクターを振り返ります。

忠義に散ったサムライ「ノリス・パッカード」 『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』

 一年戦争における地上での戦いを舞台に描く『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』において、ジオン公国のパイロットで、かつて名門と名を馳せた「サハリン家」に忠誠を誓うのが「ノリス・パッカード」です。

 家名復興のため、モビルアーマー(MA)「アプサラス」開発に狂信的になっていく「ギニアス・サハリン」の、妹である「アイナ」への扱いがぞんざいになるなか、ノリスは、アイナの身を案じ常に近衛兵のように守り続けました。

 一方で、モビルスーツの操縦技術の能力も高く、本作の主人公サイドである08MS小隊から「エースだ」「うわてだ」と感嘆が漏れるほどでした。

 そのノリスは、まさにサムライのように散っていきます。

 物語終盤、地上に所在したギニアスの基地が地球連邦軍により攻撃を受け劣勢になるなか、ジオン兵を宇宙に逃がす計画が遂行されます。この作戦に奮闘するアイナはノリスに、親のような存在だと明かすと、ノリスは嬉しそうに「決心がつきました」とモビルスーツ(MS)「グフ・カスタム」に搭乗し単身、連邦軍に戦いを挑みます。

 死を覚悟したノリスは、08MS小隊の「カレン」や「サンダース」を手玉にとり、瞬く間に量産型「ガンタンク」を撃破、シローの「ガンダムEz8」も背後を取り沈黙させました。

 しかし、パイロットがアイナの想い人だと知るとノリスに一瞬の隙ができ、1対1の白兵戦になります。シローは、ビームサーベル一閃、「グフ・カスタム」のコックピットを一刀両断しますが、ノリスは任務遂行のため、「Ez8」の背後にいた「ガンタンク」撃破を選択しました。ノリスは討ち取られたものの目的を果たし、そしてアイナへの忠誠を遂げます。

 その潔い戦死に、シローは敬礼をもって敬意を示しました。



右上がヘンケンとエマ。バンダイナムコフィルムワークス「U.C.ガンダムBlu-rayライブラリーズ 機動戦士Ζガンダム」 (C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

(広告の後にも続きます)

愛を貫き死んでいった男と義と理想を成就し死んでいった男

愛する人を守って死んだ「ヘンケン・ベッケナー」 『機動戦士Zガンダム』

『機動戦士Zガンダム』において、反地球連邦組織「エゥーゴ」の中核を担うメンバーのひとりで、宇宙戦艦「ラーディッシュ」艦長の「ヘンケン・ベッケナー」は、高い指揮能力もあり人望もある一方で、パイロットの「エマ・シーン」にベタぼれしているキャラクターとして描かれます。

 横顔にうっとりしたり、プレゼントをしたり、お茶に誘ったりと人目もはばからず猛アタックしてしまい、部下からは「タイミングが悪いんだよなぁ」と茶化されてしまうこともありました。

 このように人間味のある人物であるためファンも多く、ふたりの関係は『Z』内では珍しい、健全な恋物語として応援したくなるカップリングでした。

 そのようなヘンケンの最期は、愛に殉じたと言っても過言ではありません。

 物語の最終盤、コロニーレーザー「グリプス2」を守る「ラーディッシュ」は、本作における敵組織「ティターンズ」と「アクシズ」の総攻撃を受けていました。

 エマのMS「ガンダムMk-II」は、ティターンズのパイロット「ヤザン・ゲーブル」が駆るMS「ハンブラビ」に背後を取られ被弾し、この危機を「ラーディッシュ」のヘンケンは視認します。部下たちはエマの救援を提案し、ヘンケンは自重を促すものの、それでも再度「エマ中尉をこのまま見殺しにはできません!」と訴えられると、ヘンケンはそれを受け入れエマ救援を命じました。

 そして、ラーディッシュをエマの前に停止させるとヘンケンは「(エマ)中尉が無事ならいい。ラーディッシュを盾にしろ」と覚悟を見せます。ヤザンの猛攻に遭い艦は大破、ヘンケンは瀕死のなかエマの無事を確認すると、艦とともに殉じました。

 このシーンは、ヘンケンひとりの判断ではなく、部下たちも総意での「盾」行為であったといえます。ヘンケン、エマともに同僚から人望があったことがうかがえる熱い名場面でもありました。



メガハウス「GGG 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY アナベル・ガトー」 (C)創通・サンライズ

かっこよすぎる言葉は散り際まで「アナベル・ガトー」 『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』

 ジオン公国、そしてジオン残党組織「デラーズ・フリート」を率いる「エギーユ・デラーズ」に心酔し忠誠を尽くすさまが美しく、「ソロモンの悪夢」と恐れられるほどのMSの操縦技術をもっていたのが、『機動戦士ガンダ0083 STARDUST MEMORY』の「アナベル・ガトー」です。

 彼の誇り高い武人のようなセリフは、その散り際まで、しびれるほどかっこいいものでした。

 本作主人公の「コウ・ウラキ」とは、劇中を通し何度も戦闘となりますが、これをほぼ完封するガトーは「ひよっこ」「未熟」とコウをたきつけ、時には「きみも将校だろう。だたの兵でないのなら大局的にものを見ろ」と諭すと、敵にもかかわらずコウも「はい」と返事をしてしまうほど、気高い威厳をもっていました。

 そして、元ジオン公国軍の宇宙要塞で、地球連邦軍の管轄下にある「コンペイトウ」の宙域で行われた同軍の観艦式に「ガンダム試作2号機」を駆り現れたガトーは、昂りながら高らかに叫びます。

「多くの英霊が無駄死にで無かったことの証のために、再びジオンの理想を掲げるために、『星の屑(作戦)』成就のために! ソロモンよ! 私は帰ってきた!」

 それは自分の名を轟かせた、かつての要塞の名前でした。その昂ぶりのまま連邦艦隊に核弾頭を撃ち込む姿は、まさに鬼神です。

 そして、クライマックス……。

 デラーズが地球へのコロニー落としを敢行するなか、コウの「ガンダム試作3号機」の前に立ちはだかったMA「ノイエ・ジール」のガトーは「もはや語るまい」と呟き、一騎打ちに突入します。練度を高めたコウとの戦闘は一進一退で決め手に欠き、勝負がつかないままコウが撤退しました。

 その後、再び両者は対峙します。ついにはガトーがコウの背後をつき拘束、止めを刺そうとしたしましたが、その瞬間、両者を連邦軍が運用する支援兵器「ソーラシステム」の照射が襲い共に大破。ガトーは、コウを解放し離脱しました。

 そして、ボロボロになった「ノイエ・ジール」のガトーは、友軍をジオン残党組織「アクシズ」の艦隊へ逃がすため「我々の真実の戦いをのちの世に伝えるために」と鼓舞し、連邦艦隊へ吶喊します。被弾を繰り返すも最期はサラミスに突撃し、儚くも見事に散っていきました。