さまざまなジャンルのヒット作を生み出してきた『週刊少年ジャンプ』だが、なぜか格闘技マンガは人気が出にくい傾向にあり、“鬼門”とすら言われている。それを証明するかのように、2月12日には総合格闘技を題材としたマンガ『アスミカケル』が連載終了を迎えてしまった。

  『アスミカケル』は、武術家の祖父をもつ主人公・二兎が、プロの総合格闘技(MMA)選手を目指す女子高生・奈央との出会いをきっかけに、武の道を歩み始める物語。作者の川田は、アニメ化もされた相撲マンガ『火ノ丸相撲』を代表作にもつ実力派で、今回の連載でもかなり本格的な格闘技描写を盛り込んでいた。

  打撃と投げ、極めが入り乱される“打・投・極”の読み合いや、選手たちが背負ったさまざまなバックボーンなど、少年マンガとは思えないほどの深みがある格闘マンガとなっていた上、要所ではファンタジー的な飛躍もしっかり織り込まれていた。掲載順こそ安定していなかったものの、熱狂的なファンが付いており、32話目での連載終了という結果を惜しむ声が数多く上がっている。

  とはいえ、本格的な格闘技マンガが『週刊少年ジャンプ』でヒットしにくいことは連載が始まる前から分かっていたことではある。たとえばその代表格は、ボクシングマンガ。1970年代後半には『リングにかけろ』というレジェンド作品があったものの、それ以降は打ち切りが相次いでいる。

  1984年には小谷憲一の『KID』、1988年には樹崎聖の『ハードラック 』が半年に満たない期間で連載終了しているほか、1994年には大御所・宮下あきらの『BAKUDAN』が17話で終了。つい最近は、戦後ボクシングを題材とした『ドリトライ』が短期で幕を閉じたことが話題を呼んだばかりだ。

  格闘技の花形であるボクシングですらこの有様なので、当然ほかの種目も厳しい戦いを強いられている。たとえばキックボクシングを扱った『K.O.SEN』は、2008年2号~15号の期間で連載終了。また柔道を題材とした連載としては、2003年の『サラブレッドと呼ばないで』、2014年の『ジュウドウズ』が半年未満で完結している。なお、『ジュウドウズ』の作者・近藤信輔はその後講談社で『忍者と極道』をヒットさせており、週刊連載における題材選びの難しさを感じさせられる。

  同じく実力のある作家の作品でいうと、『キン肉マン』で有名なゆでたまごのムエタイマンガ『蹴撃手マモル』を挙げられるだろう。同作は1990年から連載が始まったが、半年ほどで打ち切られており、最終話には「戦いはこれからだ!!」というお決まりのセリフが用意されていた。

なぜジャンプでは「本格格闘技マンガ」がハマらない?

  『週刊少年ジャンプ』といえば友情・努力・勝利。格闘技にピッタリなテーマを掲げているにもかかわらず、なぜ実際には打ち切り作品の山が築かれているのだろうか。その背景としては、アンケート至上主義との相性の悪さが考えられる。

  同誌では読者アンケートによって連載続行が判断されると言われているが、そのシステムはスローテンポな作品にとって不利に働きやすい。1話から読者を魅了する展開を盛り込み、アンケート票を獲得していかなければ、山場に到達する前に連載が終了してしまうからだ。

  しかし少年マンガで本格的に格闘技を描こうとすると、まず主人公が格闘技の面白さに目覚め、その後秘められた才能を開花させ、やがて強力なライバルたちと出会う……という展開になりがちだ。ファンタジー要素の強い異能バトルのように、最初から主人公を大活躍させることは難しいため、物語が盛り上がるまでに時間がかかってしまう。

  またアンケートを稼ぎにくい主人公の挫折や“修行パート”を挟む必要があることも、格闘技マンガの不利な点だと言えるだろう。例外的な成功作だった『リングにかけろ』は、現実ではありえない超人的なボクシングを描写していたため、リアルとファンタジーのバランスが重要なのかもしれない。

  逆に言えばアンケートシステムで勝ち残る格闘技マンガは、それだけずば抜けた魅力があるということ。川田の新たな挑戦と、まだ見ぬ才能の出現に期待したい。