挨拶に来たという営業の男性(九目さん提供)

【マンガ】訪問営業に来た笑顔の男性、断ると豹変! 思わぬ手口に母の対応は?「人生経験値の高さを感じた」 本編を読む

「押し買い」営業の手口にぞっとする!

 九目さん(@kume122)の母が遭遇した出来事を描いたマンガ『母から聞いたぞっとする話』がX(旧:Twitter)で反響を集めています。ある日、玄関の外から「すみませーん」という声がして、近所の人かと思った母が戸を開けると、そこには訪問買い取りの営業の若い男性がいました。「いらないものってないですか?」と笑顔で聞かれ、母が「ないわね」と断ると、男性は思わぬ発言をして態度が豹変し……。

 訪問営業にまつわるヒヤリとするエピソードですが、最終的には母の対応によって事なきを得たのでした。読者からは「怖すぎる」「やり口が汚い」「知らない人は家に入れないに限る」「こういうので金品出してしまうとカモリストに記載されてしまうのでご注意を」「お母さんすごいです」「お母さん、心が強い人で良かった」などの声があがり、投稿には4500件を超える「いいね」が集まりました。

 作者の九目さんに、お話を聞きました。

ーー『母から聞いたぞっとする話』をマンガに描こうと思ったきっかけを教えて下さい。

「押し売り・押し買い」というのはよく耳にしますし、自分は対処できると思っていましたが、実際今回のように「買い取った品物がなくなった」という予測していなかった言動をとられると、とっさに対応できるか分かりませんし、同じような方も多いのでは? と思ったのでマンガにしてみました。

ーーお母様の毅然とした対応で大事にならずに本当によかったです。今回の出来事やお母様の対応に対して、改めてどのように感じていらっしゃいますか?

 本来なら玄関を開けないのが一番なんですが、今回は近所の人の挨拶のようなニュアンスだったのでドアを開けてしまったようでした。このあたりは手を変え、品を変えだと思うので今後注意したいというのと、おそらく悪意を向けてきたであろう相手にああいった対応ができたことについては、純粋に人生の経験値の高さを感じました。見習いたいです。

ーー作品に対する反応で、特に印象に残った読者の声について、教えて下さい。

「就職活動して入った会社が似たようなことをしていて精神的にきつくて転職した」という声があって、やはり長く続けられるような仕事ではないのだなと思いました。



「GANMA!」にて『令嬢フィーナのおかしな結婚』を連載中 (C)九目/COMICSMART INC.

ーー九目さんがマンガを描き始めたきっかけを教えて下さい。

 もともとマンガが好きだったのと、もう10年以上前になりますが、とてもアットホームな雰囲気のマンガ投稿サイトがあって、閲覧しているうちに「自分も描いてみたいな」と思ったのがきっかけです。

ーー「GANMA!」にて『令嬢フィーナのおかしな結婚』を連載中です。お話のあらすじや見どころなどをご紹介いただけますか?

 優しい侯爵と結婚して幸せな日々を過ごしていた主人公ですが、ある日夫から「子を望めない体になってしまった」と告げられ、侯爵家の跡取り問題に巻き込まれていくという話です。

 兄に対する劣等感をこじらせている侯爵や、侯爵家を飛び出して神父になっていた義兄など、少しおかしな登場人物たちが問題に向き合っていく姿を楽しんでもらえるような作品にしていきたいと思っています。

ーー今後の創作活動について教えて下さい。

 今連載している『令嬢フィーナのおかしな結婚』を多くの人に楽しんでもらえるように頑張ります! それに加え、ちょっとしたエッセイマンガなどをSNSに投稿していきたいです。