「放送開始45周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第24集 シルバー仮面 Blu-ray Vol.1」 (C)宣弘社

【画像】あえて残したというアストラの「左足の鎖」をチェックする(3枚)

みんなの憧れ……ではない!? つらすぎる境遇のヒーローたち

 特撮変身ヒーローは常に孤独なもの、それでも信頼してくれる仲間や助けを求める人々のために日夜、戦い続けます。しかし、ときには仲間から非難され、人々に後ろ指をさされるヒーローもいました。

 1971年に放送された『シルバー仮面』は、そのような気の毒すぎる変身ヒーローのひとりです。

 光子ロケットを開発した春日博士が設計図を狙うチグリス星人に殺され、父から設計図を託された春日五兄妹は光子ロケットの秘密を求めて全国を流浪することになります。このことを予期していた春日博士は、兄妹たちそれぞれに宇宙人へ対抗できる武器を与えており、なかでも次男の光二は改造人間「シルバー仮面」となって、敵である異星人と戦うのでした。

 兄妹が行く先々で異星人が現れるため、周囲の人々が犠牲になり、巻き添えを避けるため博士の盟友でさえも兄妹を邪険に扱います。また問題の異星人は普通の人間になりすまし街に溶け込んでおり、これを三男の光三が持つ「スペクトルメガネ」で見抜くのですが、当然、一般人に見分けることはできないので、兄妹の戦いは周囲の誰にも理解されるものではありませんでした。

 番組開始当初は等身大ヒーローでしたが、あまりにも地味な内容だったためかてこ入れがおこなわれ、第11話から『シルバー仮面ジャイアント』と改題し巨大ヒーローものに方向転換します。これが功を奏したのか視聴率は伸びたといい、番組は無事、予定の26話までを放送して終了しました。ただこの巨大化てこ入れ策については「本来の魅力を失った」と感じるファンも少なくなかったそうです。

 同じく1971年にTV放送された『鉄人タイガーセブン』も、実に気の毒なヒーローが描かれ、さらに変身ヒーローもののタブーに踏み込む作品でした。

 通常のヒーローものでは憎むべき存在として悪の組織が登場し、これが社会ないし人類の敵として広く認知されますが、本作における悪の組織であるところの、日本征服をたくらむ「ムー一族」の存在を知っているのは、正義側の組織である高井戸研究所のメンバーだけです。研究員は異常者扱いされ、警察の協力もないまま、孤独な戦いを強いられます。主人公で、「タイガーセブン」に変身する能力を得た剛も、力のことは研究員にも秘密にしたまま戦いに身を投じていきます。

 ムー一族の送り込むムー原人が一般人を襲ったときも、近くにいた剛が警察や被害者家族から真っ先に疑われるなど、彼ら研究所の活動が社会に受け入れられることはありません。ただその程度はまだ序の口で、人を襲っていると誤解されて背中を銛(もり)で刺されたり、原人から「タイガーセブン」は悪だと洗脳された子どもの罠にかかったりと、散々な目にあっていくのです。バイクの運転中に原人から襲われたときは、子どもが巻き添えで大怪我をし、その母親に恨まれました。

 さらに、仲間であるはずの先輩研究員、北川からも、「原人が現れたとき逃げた」と非難されます。「タイガーセブン」として戦っているとは、口が裂けても告白できない状況でした。これがたとえば「ウルトラ」シリーズの主人公であれば、怪獣との戦いの後にひょいと現れて、笑って見過ごされていましたが、『タイガーセブン』では見逃されることなく徹底的に追求されたのです。

 仲間に疑われてまで何のために戦うのか、分からなくなった剛は戦線離脱するものの、あと2日で人工心臓が止まると知って、ムー一族との最後の戦いに臨み、勝利の後、静かに仲間の元を去っていきます。特撮ファンの記憶に刻まれる、やりきれないラストでした。



BANDAI SPIRITS「ULTRA-ACT ウルトラマンレオ」 (C)円谷プロ

(広告の後にも続きます)

レオには厳しいウルトラ兄弟…?

 変身ヒーローの王道といわれる「ウルトラ」シリーズにも、理不尽な仕打ちを受けたヒーローがいます。それは1974年に放送された『ウルトラマンレオ』の第38話「決闘! レオ兄弟対ウルトラ兄弟」でのことで、レオはウルトラマン、ジャック(帰ってきたウルトラマン)、A(エース)の3人から同時に光線を受けて倒れます。弟、アストラをレオがかばおうとしてのことでした。

 ことの始まりはアストラに、ウルトラの星のバランスを司る「ウルトラキー」を盗んだという疑いがかけられたことでした。キーが元通りにならなければ、地球とウルトラの星は衝突します。マンたちはキーを取り戻すために、アストラを追いかけ地球に向かったのでした。

 レオの人間態であるおおとりゲンは、引き止めるセブンことモロボシダンの制止を振り切ってレオに変身、アストラに容赦なく攻撃を加えるウルトラ兄弟の前に立ちはだかります。そして「待ってくれ」というレオの頼みは聞かれることなく、上述のように容赦のない光線を浴びせかけられたのでした。

『帰ってきたウルトラマン』には、ウルトラ兄弟が助けにくるというエピソードがあり、そのときは必ず兄弟力を合わせて異星人を倒していました。また前作『ウルトラマンタロウ』のときは、末っ子タロウを心配してみんなで助けてもいます。にもかかわらず、レオとその弟であるアストラに対しては情け容赦がありません。地球とウルトラの星の危機だとしても、レオではなくタロウが相手なら、こんなに揉めてはいないでしょう。

 ウルトラ兄弟はM78星雲、レオ兄弟は獅子座L77星と出身地が違います。観ていた当時の子どもたちは「出身地が違うとウルトラ兄弟にも差別があるのか」と、残念な気持ちになったそうです。

 解決編となる第39話「レオ兄弟ウルトラ兄弟勝利の時」では、キーを盗んだとされていたアストラが、ババルウ星人の化けた偽者だと判明します。本物のアストラはババルウ星人に暗黒星雲で氷漬けにされていたのです。

 正体を見抜いたウルトラマンキングがいなければ、レオ兄弟はどうなっていたか分かりません。ウルトラキーが元通りになり、一転、レオ兄弟はウルトラ兄弟の一員として認められました。

* * *

『シルバー仮面』『鉄人タイガーセブン』そして上述した『ウルトラマンレオ』のエピソードは、いわゆる特撮変身ヒーローの王道から外れる内容ですが、だからこそ時代を経ても語り継がれる作品となっているのかもしれません。