初めてのウェットフードに愛猫の反応は? (久川はるさん提供)

【マンガ】愛猫に普段と違う食事を与えたら? 想像以上の反応に「何事!?」「主張がすごい(笑)」 本編を読む

ご飯のおいしさに愛猫が覚醒?

 作者の久川はるさんは元野良猫のミコさんと暮らしています。朝からミコさんが大絶叫していていました。びっくりして目を覚まし、様子を見にいくと……。

 久川はるさん(@hisakawa_haru)によるエッセイマンガ『元野良猫にウェットフードあげたらとんでもないことになった話』がTwitter(現:X)上で公開されました。いいね数は5.9万を超えており、読者からは「猫あるあるですね」「ミコさんかわいい!」「餌食べたときの反応が最高」などの声があがっています。

 作者の久川はるさんにお話を聞きました。

ーー久川はるさんがマンガを描き始めたきっかけを教えて下さい。

 兄の本棚にあった「地獄先生ぬ~べ~」が人生で初めて読んだマンガで、「マンガって面白!!」って衝撃を受けて模写を始めたのがきっかけでした。幼少期は「りぼん」や「ジャンプ」、「ハムスター倶楽部」というペットエッセイ雑誌や「ほんとうにあった怖い話」というホラーマンガ雑誌をよく読んでいました。小中高とマンガを描き続けてはいたのですが、結局投稿などはせず、大学生になってから同人活動をするようになりました。

 やっぱり漫画家になりたい!と思ってBL同人誌を持ってBLマンガの出張編集部に行ったんです。そしたら作中の受けの女体化シーンを見た編集さんに「女の子の方がうまいのでウチのほか雑誌で一般向けを描いてください」って言われて……少し不貞腐れながら描いた作品で初めて賞をいただきました。結果的にそれが商業デビューのきっかけになったので本当にありがたいアドバイスだったと思っています。

ーー今作『元野良猫にウェットフードあげたらとんでもないことになった話』が生まれたきっかけや、理由を教えてください。

 ミコさんのエピソードを友人たちに話すうちに、「もっとたくさんの人にミコさんのかわいさを見てもらいたい……そうだマンガにしよう!」と思ったのがきっかけです。今作はもともと、2022年のコミティアでミコさんエッセイ同人誌を出すために描いたものでした。SNSで公開したら多くの反応をいただけてとてもうれしかったです。



ウェットフードのおいしさに大騒ぎする愛猫(久川はるさん提供)

ーー今作を描くうえでこだわったポイントや、お気に入りのシーンなどはありますか?

 こだわったのは、ミコさんの表情変化ですね。猫って本当に感情表現豊かなんです。イタズラが見つかったときはちゃんと「やべっ」って表情しますし(笑)。

 お気に入りのシーンは、ウェットフードでテンションが上がったミコさんのキラキラ顔です! ミコさんエッセイマンガでは全体を通して猫の体をある程度リアルに描くことにこだわっています。猫を触ったときのもちもちふわふわ感を感じてもらえるような絵づくりを心がけて描いていますね。

ーーたくさんの感想が寄せられています。特にうれしかった感想の声、印象に残った読者の声について、教えて下さい。

 猫を飼っている方から、「うちの猫も一緒です!」という感想をもらえると、とてもうれしいです。ミコさんのマンガを読みながら、ご自身の飼っている猫との思い出を振り返ってくれていることにホッコリします。

 また、ミコさんの甘えんぼ行動について「あるある!」と言ってもらえると、この世にはこんなにもたくさんの甘えんぼ猫がいるのか……! と思って幸せな気持ちになります。

ーー今作が収録されているマンガ「白い猫と暮らしている漫画」(KADOKAWA)は、12月に書籍発売ですね。あらすじや、見どころを教えて下さい。

 ミコさんの甘えんぼエピソードをふんだんに盛り込んだ一冊となっています! また、SNSではほとんどお話ししていないミコさんを保護したときのエピソードを描き下ろしています。それ以外にも書籍初出しの描き下ろしエピソードを収録しており、見どころ豊富な本になっていると思います! ぜひお手に取っていただけるとうれしいです。

ーー今後、Twitter(現:X)で発表される作品については、どのように活動していきたいとお考えでしょうか?

 これからもマンガや写真でミコさんとの日々を更新していければと思うので、ぜひ見守っていただけたらうれしいです!