実写ドラマ「幽☆遊☆白書」綾野剛が“戸愚呂弟”、稲垣吾郎が“左京”役に! ティザー予告、ティザーアート、新キャスト公開

実写ドラマ『幽☆遊☆白書』が、2023年12月14日より「Netflix」にて世界独占配信される。これに先駆け、ティーザー予告映像とティーザーアートが全世界初公開。さらに、綾野剛や稲垣吾郎ら新キャストも発表となった。

『幽☆遊☆白書』の原作は、冨樫義博が1990年~1994年に「週刊少年ジャンプ」にて連載していたバトルマンガ。事故で死んでしまった主人公・浦飯幽助が霊界探偵として蘇り、桑原和真、蔵馬、飛影ら仲間とともに邪悪な妖怪と戦いながら成長していくストーリーを描いた。
1992年~1995年にはアニメ化もされ、今なお根強く愛されている本作だが、連載から約30年経て新たに「Netflix」企画・製作で世界初の実写ドラマ化を果たす。

既に、浦飯幽助役として北村匠海、蔵馬役として志尊淳、飛影役として本郷奏多、桑原和馬役として上杉柊平の出演が発表されていたが、「Netflix」のオンライングローバルイベント「Geeked Week'23」にてティザー予告、ティーザーアート、そして新キャスト情報が公開に。

幽助の幼なじみである雪村螢子役は白石聖、事故死した幽助を霊界へ導く案内人・ぼたん役は古川琴音、生き別れの兄を探す妖怪氷女・雪菜役を見上愛、霊界探偵となった幽助に指令を与えるエンマ大王の息子・コエンマ役を町田啓太、幽助と桑原の師となる霊光波動拳の使い手・幻海役を梶芽衣子。

さらに、幽助たちの行手を阻む支配者級の妖怪・鴉役を清水尋也、人間から妖怪へ転生した戸愚呂兄弟の兄役は滝藤賢一、最強の敵となる戸愚呂兄弟の弟役は綾野剛、戸愚呂兄弟を雇い裏社会を牛耳る謎多き人物・左京役を稲垣吾郎が演じることとなった。

ティーザー予告では、数多くのハリウッド大作を手掛けるスキャンラインVFXのほか、世界中の最先端技術を結集し、人間や妖怪などの種族を越えて交錯するキャラクターたちが躍動する姿も初披露。
そして、ティーザーアートでは幽助、蔵馬、飛影、桑原と戸愚呂兄弟&左京の対立が描かれている。

Netflixシリーズ『幽☆遊☆白書』は、12月14日より世界独占配信開始。

Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」
原作:冨樫義博「幽☆遊☆白書」(ジャンプ・コミックス刊)
監督:月川翔
出演:北村匠海 志尊淳  本郷奏多 上杉柊平
白石 聖  古川琴音 見上愛 清水尋也 
町田啓太 梶芽衣子 滝藤賢一
稲垣吾郎 綾野 剛
脚本:三嶋龍朗
VFXスーパーバイザー:坂口亮(Scanline VFX)
エグゼクティブ・プロデューサー:坂本和隆(Netflix)
プロデューサー:森井輝
制作協力:THE SEVEN
制作プロダクション:ROBOT
企画・製作:Netflix
配信:2023年12月14日(木)、Netflixにて世界独占配信開始
(C)Y.T.90-94