マンガ「絵本の読み聞かせが苦手です」のカット(ムチコさん提供)

【マンガ】絵本の読み聞かせが苦手な母 子供からの「強制終了」に「理不尽…」 本編を読む

読み聞かせは「極力控えたい」理由とは

 絵本の読み聞かせに苦労している様子を描いたマンガ「絵本の読み聞かせが苦手です」が、Instagramで400以上のいいねを集めて話題となっています。

 子供に絵本の読み聞かせをすることが苦手だという作者。なぜなら、読んでいるときの子供たちの反応が……。読者からは、「私も苦手です」「うちの子もそうでした!」「毎日読み聞かせしている人は偉い」などの声があがっています。

 このマンガを描いたのは、Instagramでマンガを発表している、主婦のムチコさんです。ムチコさんに、作品についてのお話を聞きました。

ーー今回のマンガを描いたきっかけを教えて下さい。

 上の子が赤ちゃんの頃から読み聞かせが苦手だったのですが、親としてそんなことを言ってはいけないような気がして、なかなかマンガにすることができませんでした。でも、SNSで「読み聞かせが苦手」という声がいくつか見られ、意外と私だけではないんだと思い、描こうと思いました。

ーーお子さんたちは、いつ頃からこのような状態なのでしょうか?

 ハイハイができるようになって、自由に移動できるようになってからだと思います。思っていた読み聞かせのイメージとは大きく違ったので、これでいいのかと最初は困惑しました。

ーー絵本の終わりまで、聞いてくれることもあるのでしょうか?

 上の子(4歳)は、初めての絵本のときはジッと聞いています。下の子(1歳)は、初めての絵本も関係なく手が伸びてきて、強制終了になります(笑)。

ーー読み聞かせは毎日しているのでしょうか?

 正直に言いますと、娘が幼稚園に通いだしてからは、「読んでほしい」と言われない限り、娘に読み聞かせはしておりません。息子はお気に入りの絵本を持ってくるので、いまのところ毎日なんとか読んであげています。すると娘も寄ってきて、一緒に聞くというスタイルになっています。

ーー読み聞かせが進まないときは、どう対応しているのですか?

 娘に話をさえぎられたら、「お話は最後まで静かに聞いてね」と言い聞かせながら対応しています。息子の手が伸びてきたら取られないようにスッとかわして、かなり大げさに読んであげるとケラケラ笑ってくれるので、なんとか最後まで読み上げています。

ーー作品について、どのような意見が寄せられていますか?

「私も苦手です」や、「同じく強制終了されてしまいます」「毎日読んであげている親御さんは偉い!」と、共感の声を多数いただきました!