「メロメロの実」の能力者:ボア・ハンコック 「ONE PIECE Log Collection “HANCOOK”」(エイベックス・ピクチャーズ)

【画像】男たちを悩殺!「メロメロの実」を使いこなせそうな美女たち(6枚)

「ギリシャ神話」に関係する説も登場!?

『ONE PIECE』に登場する悪魔の実「メロメロの実」は、その能力者の魅力に惹かれ、メロメロになってしまった敵を石に変えてしまうという、恐ろしい力を持ちます。ハンコックによればその能力は、ハンコック本人の美しさがあってこそ真価を発揮するとのことです。

 しかし、『ONE PIECE』の1059話では、黒ひげがハンコックの住むアマゾン・リリーまで、その「メロメロの実」の力を奪いにやってきました。なぜ、黒ひげは「メロメロの実」を狙うのでしょうか。

 ネットではいくつか考察が飛び交っているのですが、一例を挙げると「メロメロの実」を利用した「海楼石製造説」があります。「頂上戦争」でのハンコックの戦いを見ると、「メロメロの実」の能力は直接攻撃を加えることで砲弾や剣、パシフィスタなど、自分に心を奪われていない「物質」のことも石化させることができていました。

 そのため、「触れば物質も石にできる」、さらに「海も石化させることができるのではないか」と言われているのです。能力者は海水が弱点ですが、触れずとも器に入れて汲んできた海水に「虜の矢(スレイブアロー)」を放てば、「石にされた海水=海楼石」ができるかもしれません。

「海楼石」は作中で「海を固形化したようなもの」と例えられており、海を苦手とする悪魔の実の能力者にその効果を発揮します。これを利用した手錠や檻などが作られており、ルフィも過去に苦しめられました。「海楼石」を自由に作ることができれば、能力者たちにとって大きな脅威となるでしょう。黒ひげ本人は「ヤミヤミの実」の力で、その他の能力者の力を封じられますが、その他の部下も海楼石の武器で同様のことができるようになれば、かなり厄介な戦力になると考えられます。

 また、ルフィが「ワノ国編」にて「兎丼」で働かされた際、海楼石をはめられたルフィは覇気も使えなくなっていました。非能力者で覇気使いのレイリーは、海に潜って海王類を仕留めていたので、「非能力者の覇気使い」にはおそらく海楼石は効かないでしょうが、「悪魔の実と覇気」両方を使う相手にはどちらも封じる効果があるのであれば、かなり恐ろしい武器です。

 また、もっと驚きの考察の例を挙げると、ギリシャ神話に登場するメドゥーサから連想される、「死者蘇生」説も一部のファンの間で議論されています。ハンコックの「相手を石化させる」という能力は、ギリシャ神話に登場するメドゥーサと同じです。そして神話では、首を斬り落とされたメドゥーサの右側の血管から流れた血液には、「死者蘇生の力」があったと言われています。

 さらに、メドゥーサは三姉妹で通称「ゴルゴン三姉妹」と呼ばれており、ハンコック、サンダーソニア、マリーゴールドの三姉妹の総称と全く同じです。これらの共通点から、ハンコックと「メロメロの実」の力は、メドゥーサがモデルになっている可能性があります。そして、メドゥーサと共通する「メロメロの実」の能力として、「死者蘇生の力」が出てくると考えられているのです。

 もし「メロメロの実」に「死者蘇生」の力があるとすれば、黒ひげが誰を蘇らせたいのか、という点が気になります。一説では、かつて「ゴッドバレー事件」にて、ロジャーとガープと戦って死んだ「ロックス海賊団」の船長ロックス・D・ジーベックの名が上げられています。

 黒ひげ海賊団の船の名前は「サーベル・オブ・ジーベック号」で、直訳すると「ジーベックの剣」という意味です。また、黒ひげたちが現在本拠地にしている「海賊島ハチノス」は、ロックス海賊団結成の場と言われています。

 黒ひげとロックスにどんな関係があるのかはまだ不明ですが、各地から強者を集めている点なども似ているふたりは、何かしらのつながりがあるという考察は多数あります。そして、黒ひげたちは、ロックスを復活させるため、前述の「メロメロの実」の「死者蘇生の力」を利用しようとしているのではないでしょうか。

 ちなみに、「死者蘇生」の能力が「メロメロの実」の「覚醒」によるものであれば、ハンコックを殺して能力を奪っても「蘇生」させられる段階まで至るのは難しくなってしまいます。しかし、能力者の命と引き換えに行われる「オペオペの実」の「不老手術」のように、「死者蘇生」も「メロメロの実」の能力者の「死と引き換え」であれば、そのハードルは下がるでしょう。

 1059話では、レイリーが助けに来たことでアマゾン・リリーでの騒動は収まりましたが、もし今後黒ひげがハンコックから能力を奪えば、恐ろしいことが起きるかもしれません。「メロメロの実」は、最終章でもっとも注目される悪魔の実のひとつと言えるでしょう。