『チェンソーマン』マキマに扮する洛洛子さん(Twitter:@Rakukoooo)、撮影:muze(Instagram:Muze Ezum)/写真提供:洛洛子さん

【画像】スタイル良すぎ! 中国コスプレイヤー・洛洛子さんによるマキマを見る(5枚)

『チェンソーマン』マキマこそ、アルファ・ウーマン!

 10月11日にテレビ東京他にて放送開始され、盛り上がりを見せるアニメ『チェンソーマン』。そのなかで、アメリカ留学中の中国人気コスプレイヤー・洛洛子さんが扮した『チェンソーマン』マキマのクオリティーが、「はい」か「ワン」しか発言を許さないほどの存在感を放っています。作品愛と制作秘話を本人に聞きました。

 現在アメリカへ大学留学中の洛洛子さんは、これまで中国で『アズールレーン』や『ドールズフロントライン』など、多くの作品で公式コスプレイヤーを務めており、日本の「コミックマーケット96」にもサークル参加した経験を持つ人気コスプレイヤーです。しかし、アメリカ留学以降は、現地でコスプレ撮影をするカメラマンの知り合いがおらず、長らく新作コスプレの写真を見ることが叶わない状況だったそうです。

 満を持してアメリカで撮影した『チェンソーマン』マキマのコスプレ写真を披露した洛洛子さん。中国とアメリカでも同作品の人気は高く、「私が参加した『Anime Expo』(2022年7月1日から4日までアメリカ・ロサンゼルスで開催)でも『チェンソーマン』キャラのコスプレイヤーを多く見かけました」と語っています。

 洛洛子さんは同作品が好きな理由として、「まずは藤本タツキ先生の作風に魅了されました。絵も非常に上手で緻密、情景も分かりやすく描かれていること」、「型破りな魅力は次の展開を予測不可能であること。作中で次に死ぬキャラクターが誰になるのか分からないことがエキサイティングで興味深いです」、「最後に、第一部が完結しており、全97話はちょうど良い長さですぐに読み終えられること」を挙げています。

 アメリカでは仕事とプライベートを両立させて、成功と恋愛、幸せを全て手に入れる女性を「アルファ・ウーマン」と呼び、洛洛子さんは、「悪女の魅力は計り知れません! マキマこそはアルファ・ウーマンそのものです。デンジを犬扱いするのも非常に刺激的です」と彼女のコスプレをした理由を熱く語ってくれました。

 とはいえ、久しぶりのコスプレ撮影では勘を取り戻すまで時間がかかってしまったそうで、「撮影してくれたカメラマンが非常に熱心で、助言を与えて私の状態を整えてくれました!」と感謝を述べています。また、撮影後の写真の後処理にも気を配っており、イメージに合うカラコンがなかったため、Photoshopで瞳の色を描き、ウィッグも作品に寄せて修正が施されています。余談ですが、できあがった写真を見たら赤髪が思ったよりも似合っていたらしく、同じような色の髪に染めたそうです。

 今後の『チェンソーマン』コスプレ予定は、「マキマのコスプレはし続けたいですが、次は第二部の主人公・三鷹アサ(戦争の悪魔)を予定しています」と明かしてくれました。