TVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』キービジュアル (C)三条陸、稲田浩司/集英社・ダイの大冒険製作委員会・テレビ東京 (C)SQUARE ENIX CO., LTD.

【感動!】『ダイの大冒険』最終回終了後、声優陣のツイート

過去のエピソードで紐解くことができる『ダイの大冒険』の謎の数々

 2022年10月22日、2年近くにも及ぶ放送を終えたTVアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』。放送終了直後からファンの間では、「ダイロス」と呼ばれる喪失感があるそうです。そのためか、もうひとつの『ダイの大冒険』の今後の展開に期待を寄せるファンも多いと聞きました。

 もうひとつの『ダイの大冒険』とは、月刊雑誌「Vジャンプ」で連載されているマンガ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王』というスピンオフ作品です。原作は本伝と同じく三条陸先生、マンガは芝田優作先生。タイトルからお気付きと思いますが、アバンがまだ勇者だった頃、魔王だったハドラーとの戦いが描かれた作品です。

『ダイの大冒険』でも、たびたびアバンが勇者としてハドラーと戦っていた時代が回想されていましたが、そのすべてが明かされたわけではありません。いくつかの謎めいた部分もありました。その明かされなかったエピソードをひとつの物語として発表したのが、スピンオフ作品である本作『勇者アバンと獄炎の魔王』です。

『ダイの大冒険』では何でもできるような天才ぶりを見せていたアバンですが、本作では才能はあるもののまだ完全に開花する前の状態。いわゆる冒険に旅立った直後からの、レベル上げにいそしむアバンの活躍が見られる作品となっています。

 このアバンを助けるパーティーメンバーのひとりが、カール王国の騎士団長だった戦士「ロカ」。後にダイを助けるパーティーメンバーとなったマァムの父親になる人です。アバンのパーティーメンバーで唯一『ダイの大冒険』に出ていないことから、その理由が本作で明かされることになることでしょう。

 同じくアバンのパーティーに加わったのが僧侶「レイラ」です。『ダイの大冒険』でも登場したのでご存じの人も多いでしょうがマァムの母親。本作を見ていると、マァムは髪の色や性格など父親似の部分が多いことが分かります。レイラはマァムのように気の強いところもありますが、どちらかというと控えめな性格で、他者へのあしらい方もうまいしたたかな面がありました。

 このレイラが本作で明かしたもうひとつの姿が、「影女」と言われた女盗賊の姿で、くのいちを思わせるスタイルが特徴的な姿です。僧侶は武器を使えないというしきたりのため、この姿になった時だけはナイフを両手持ちで戦っています。この点は武闘家マァムを彷彿とするスタイルでしょうか。

 そして、『ダイの大冒険』でも活躍していたマトリフを加えた4人が、基本的なこの時代のアバンのパーティーメンバーです。『ダイの大冒険』でも描かれていたハドラーに対して「凍れる時間の秘法」をアバンが使った際は、マァムを身ごもっていたレイラとロカを気遣ってパーティーから外し、その代わりに「拳聖」と謳われたブロキーナをメンバーに加えていました。

(広告の後にも続きます)

後の軍団長も顔を見せる敵陣営の豪華さ

 本作の敵となるハドラーは、まだ魔王だったことから自信満々で自ら率先して前線で戦うことを好む姿で描かれています。アバンのレベルアップを喜んでいるところなど、残虐でありながら武人としての心構えと生きざまは、後の魔軍司令時代よりも超魔生物の頃に近いかもしれません。

 このハドラーの部下として魔王軍のモンスターを指揮するのが4人の幹部である「四天王」です。

 このなかでも『ダイの大冒険』でも登場したのが、後にダイを育てることになる鬼面道士の「ブラス」。本作のストーリーによって、ハドラーの指示で魔王軍のモンスターを育成する役目から南海の孤島デルムリン島にいたことが分かります。おそらく現在の展開では、本作でのアバンとの直接の接触はないかもしれません。

 もうひとり、『ダイの大冒険』で登場しているのが地獄の騎士「バルトス」です。ヒュンケルの育ての親ですが、本作第1話から登場していました。この時点で、すでにヒュンケルも登場しており、その手作りの星の首飾りも身に着けています。いまだにアバンとの直接対決はありませんが、物語が進めば『ダイの大冒険』で見た光景が展開されることでしょう。

 本作オリジナルキャラで、四天王のひとりが亜人面樹キギロ。魔物の森を世界各地に広げています。功名心が強く抜け目のない性格で、魔王軍のなかでは一番悪役らしいポジションでしょうか。

 この時代のハドラーの片腕とも言えるのが、四天王のひとりデストロールのガンガディアです。トロル族であるコンプレックスから知性的になることを選び、魔法ではマトリフさえも認めるほどの力を持っていました。もちろんトロル族特有の肉体の強さをも持ち合わせ、文武両道で隙のない敵キャラとなっています。

 以上が本作におけるハドラー率いる魔王軍ですが、登場キャラはこれだけではありません。すでにクロコダイン、ザボエラ、ミストバーン、バランといった後の軍団長も登場していました。もちろんベールに覆われていますが、大魔王バーンも名を伏せてハドラーと接触しています。

 ストーリー面でも後の『ダイの大冒険』で重要な役割を果たす出来事がいくつも伏線として描かれており、「エピソード0」としての役割を十分に果たしていました。現在、連載では「凍れる時間の秘法」でアバンとハドラーが動けなくなったところまでが描かれています。今後、どうしてアバンとハドラーが動けるようになったのか? など、『ダイの大冒険』で明かされなかった真実がいくつも明らかにされることでしょう。

 単行本は5巻まで発売されていますが、連載最新話数は配信サイト「少年ジャンプ+」にて初回無料で読めることから、「ダイロス」のファンたちは駆け込み寺のように読んでいるようです。もともとはTVアニメに合わせて連載された作品ですが、終了後も存分にファンの期待に応えている模様。ひょっとしたら本作終了後に、その流れで幻の「魔界編」が連載されるかも? と期待するファンも少なくないようです。