キングとクイーンは生きている?(画像:写真AC)

【画像】『ワンピース』安否が分からない、心配なキャラたちを見る

読者の間で不安が広がる「最終章」

 ついに「ワノ国編」が完結し、最終章がスタートした『ONE PIECE(ワンピース)』。第1054話では衝撃的な情報が次々に明かされ、安否が分からない人物も多数登場しました。この記事では、安否が不安なキャラたちの今後を考察していきます。

※この記事には第1054話までの内容を含みます。

 ルフィたちの手によって、とうとう地中のマグマ溜まりに沈められたカイドウとビッグマムの「その後」に注目が集まっています。特に「死」に強いこだわりを持っていたカイドウに対して、ファンから「満足して死んだのでは?」という声があがっていました。作中で海底火山が噴火する描写があるため、死亡説を唱える人が多いなか、ふたりの異常な生命力から、「生きている可能性も捨てきれない」という意見も見られました。たしかにあそこまで強靭な肉体を持つふたりがマグマごときで命を落とすとは考えにくいですし、あの決着から数日経ってもふたりの情報安否に関する情報が出回っていないことから、生きている可能性は捨てきれません。

 また、カイドウといえば、部下であるキングとクイーンの安否も気になります。死亡説も流れるほど、緑牛にコテンパンにやられていたふたり。もし対決したのが海軍のほかのメンバーであれば命まで取られるとは考えにくいですが、相手は「この国には人権はない」と言い放った緑牛です。「捕まえること」よりも、まずは「ボコボコにすること」を優先してもおかしくないはずですから、命の保証はありません。しかしキングには、ルナーリア族の生き残りであることや世界政府との因縁など、まだ多くの謎が残されています。Dの一族との関係もあるのではないか、とうわさされていることもあり、安否が注目されています。

 そして、第1054話を読んで気になったのは「ビビの行方」という人はかなり多いはずです。最終章のスタート同時にビビの父・コブラがサボに暗殺された事件が明かされ、多くの読者が衝撃を受けました。「サボが暗殺した」という事実を鵜呑みにしていない読者が多く、「虚偽の情報ではないか」という考察が交わされています。ビビは、イム様に誘拐された説や、革命軍が匿っている説が多いなか、黒ひげが誘拐した説を唱える読者もいるようです。どうしてサボがコブラを殺すことになったのか、行方不明とされているビビは無事なのか、読者の間では不安の声が広がっています。

 最後に「最悪の世代」であるジュエリー・ボニーについても気になる点が多々あります。ボニーは奴隷として扱われるバーソロミュー・くまを見て涙を流すシーンを最後に作中には登場していません。出番が少ないながらも頂上戦争後に「何もかもあいつのせいだ」とつぶやいたり、赤犬から「お前が政府から逃げたと聞いた時ァひやりとした」と言われたりと、ボニー周辺での意味深な言動が多く残されています。今後、重要なカギを握っていそうなボニー。くまや政府との関係性が明かされるのはいつになるのでしょうか?