古谷徹「機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編」主題歌をTV初披露! 「Anison Days」7月8日放送

声優の古谷徹が、BS11で毎週金曜日の22時よりレギュラー放送中の『Anison Days』に、7月8日放送回のゲストで初登場することがわかった。スタジオライブでは、『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』の主題歌「めぐりあい」をTV初披露する。

『Anison Days』は、時代を彩り、いつまでも心に輝くアニソンの名曲たちを歌い紡ぐ音楽番組だ。MCの森口博子とサブMC/演奏の酒井ミキオが、アニソンを愛する幅広い世代のゲストを迎え、ソロやデュエットを番組オリジナルアレンジによる生演奏で届けている。

7月8日放送回のゲストは、これが初登場となる古谷徹だ。古谷はスタジオライブでは、『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』の主題歌「めぐりあい」をTV初披露する。スタジオトークは、『ガンダム』トーク満載でお届け。約40年演じ続けるアムロ・レイへの想いが明かされるほか、心震わせた“あのシーン”の名セリフも披露される。

さらに、レジェンド声優を支える意外なオフの過ごし方も激白するとのこと。現在公開中の映画『機動戦士ガンダムククルス・ドアンの島』についても、作品への情熱がたっぷりと語られるようだ。

声優の古谷徹が初登場する『Anison Days』は、BS11にて7月8日22時より放送される。

<以下、出演者コメント全文掲載>

<古谷徹>僕の大好きな『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』の主題歌『めぐりあい』をテレビで初めて歌わせていただいて、無事歌い終えることが出来て本当に良かったです。歌もおしゃべりも楽しくて、この番組に出演出来てとても嬉しかったです!

<森口博子>TV初披露となる『めぐりあい』は、古谷さんが「ガンダム」の中で<アムロ>を生きて来たからこその、説得力と重みと歴史を感じて震えました。そしてセリフまで届けてくださって…。ずっと鳥肌が立ちっぱなしで、ゾクゾクしすぎて風邪ひかないかなって思うくらい、感動の連続でした。
番組では公開中の映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』の主題歌『Ubugoe』も歌わせていただいていますが、いつもエネルギーをいただいています古谷さんの想いも受け継いで、これからも大切に歌い続けていきたいと思います。
(スタッフ:森口さん、目がウルッと来てますね…)
本当そうですよ~!「ガンダム」でデビューさせていただいて、10代から20代・30代・40代・50代とずっと、それぞれの年代でガンダムのテーマソングを歌わせていただき、私にとっても「ガンダム」は人生そのもの。そのメインキャラクターである<アムロ>を演じられている古谷さんと共演させていただいて、夢のような時間、いや夢真っ只中の “神回”だったよ、って昔の自分に言いたいです(笑)。

<酒井ミキオ>昭和に少年だった僕ら世代の心を撃ちぬいた作品の、主人公である古谷さんの声が、自分の演奏に乗っかっているのが不思議な感じでした。(森口:わかる、わかる!)
歌唱中に古谷さんが<アムロ>のセリフを話された時に、目を瞑って映像を思い浮かべながら聞かせていただいたのですが、少年時代にタイムスリップしたような気がして、とても感動しました。

<森口博子>今回は視聴者の皆さんにとっては“号泣の回”になると思います。ずっと若々しい古谷さんですが、いつまでもこのクオリティを維持し続けることがどれだけ大変か、中々できることではないと尊敬しています。
「ガンダム」が現在も続いていて、40年以上も<アムロ>を届けてくださるのは凄いことです。(古谷:本当に良い作品に恵まれました!)アニメ界の“人間国宝”です!そんな古谷さんがTV初披露する『めぐりあい』は必見です!また『Anison Days』にご出演いただき、今度は一緒に歌えたら嬉しいです!

『Anison Days』
【放送日時】
7月8日(金)よる10時00分~10時30分
【出演者(敬称略)】
MC:森口博子
サブMC/演奏:酒井ミキオ
ゲスト:古谷徹
ナレーション:駒田航

古谷徹 歌唱曲: 『めぐりあい』
(『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙編』主題歌)
森口博子 歌唱曲:『Ubugoe』
(映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』主題歌)
『いまはおやすみ』(『機動戦士ガンダム』 挿入歌)